Could've Been (Feat. Bryson Tiller) - H.E.R.

Album : 『I Used to Know Her : The Prelude – EP』
Track : 4

Year : 2019
Produced by : Swagg R’Celious, Bill Zimmerman & Dernst “D’Mile” Emile II

H.E.R (ハー、ギャビー・ウィルソン) はカリフォルニア出身、現在22歳の女性シンガー。

2016年にはDJ Camperプロデュースのもと、『H.E.R., Vol 1』、2017年『H.E.R., Vol2』、2018年『I Used to Know Her』のEP3作をリリースしたのち、同2018年、待望のデビュー・アルバム『H.E.R.』をリリースしています。

今回は3作目のEP『I Used to Know Her』からケンタッキー州ルイヴィル出身の「トラップ・ソウル」ラッパーBryson Tiller (ブライソン・ティラー) を迎えた一曲を紹介します !

[Intro: H.E.R.]
Please, allow me to show you something
ねえ、ちょっとあなたに見せたいものがあるの

Mmm, somebody give me, yeah
誰か頂戴よ、ねぇ

[Verse 1: H.E.R.]
Somebody give me, uh
誰か私に頂戴よ

Somebody tell me the answers
誰か私に答えを教えて

Me and you isn’t the answer (Uh)
「私とあなた」が答えじゃないんだって

Me and you isn’t (No)
私とあなたは間違いなの

Maybe I’m tellin’ myself that
私が自分にそう言い聞かせてるのかも

But there ain’t nothin’ that’ll change that
でもきっとその答えは変わることはないだろうから

What good would it be, if I knew how you felt about me? (Yeah)
もしあなたの気持ちを知っていたら、どんな結果になっていただろうね? (エイ)

[Bridge: H.E.R.]
It could’ve been right but I was wrong (Uh)
悪くないと思ってた、でも間違いだったの

Only think ‘bout you when I’m alone (Yeah)
一人にでもならないと、あなたのことを思い浮かべないし

Part of me that cared inside it’s gone
「あなたを想ってる私」は消えていったのよ

And I know, that I can’t, get caught up
わかってる、あなたには夢中になれないって

[Chorus: H.E.R.]
We could’ve been
私達なら上手くいったかもしれないのに

And we try to pretend
私達はお互いに取り繕って

Every now and again
時々平気なフリをしてた

We don’t dream about, don’t think about what
私達は二人の夢をみないし、頭に浮かべることもない

We could’ve been
上手くいったかもしれないのにね

Though I’m holding it in
こうやって私は一人抱え込んでるけど

‘Cause I know in the end
「最後」にどうなるか、感づいてるのよ

You dream about, I think about what
あなたが二人の姿を夢を見て、私も考えてる

We could’ve been
私達がどうなっていたかって

We could’ve been (Yeah)
私達なら上手くいったんじゃないかって

We could’ve (Damn)
私達ならね

[Verse 2: H.E.R.]
Remember?
覚えてる?

Remember the night in Miami
マイアミで過ごしたあの夜を

First time you put your arms around me
あなたが初めて私を抱きしめた日よ

I’m up reminiscin’ (Ooh, yeah)
今、私は眠れずに、あの頃を思い出してる

Thinking ‘bout you isn’t helping
あなたのことを考えても、何にもならないのに

Thinking ‘bout you doesn’t tell me
あなたのことを考えても、答えなんて出てこない

What good it would do, if I decide to face the truth
もし真実に向き合う決断ができてれば、二人はどうなっていたんだろうね

[Bridge: H.E.R.]
It could’ve been right but I was wrong
悪くないと思ってた、でも間違いだったの

Only think ‘bout you when I’m alone
一人にでもならないと、あなたのことを思い浮かべないし

You only hit me up when she’s not home
あの子が家にいない時しか、連絡してこないんでしょ

And that’s why, I can’t, get caught up
そのせいよ、あなたに夢中になれないのは

[Chorus: H.E.R.]
We could’ve been
私達なら上手くいったかもしれないのに

And we try to pretend
私達はお互いに取り繕って

Every now and again
時々平気なフリをしてた

We don’t dream about, don’t think about what
私達は二人の夢をみないし、頭に浮かべることもない

We could’ve been
上手くいったかもしれないのにね

Though I’m holding it in
こうやって私は一人抱え込んでるけど

‘Cause I know in the end
「最後」にどうなるか、感づいてるのよ

You dream about, I think about what
あなたが二人の姿を夢を見て、私も考えてる

We could’ve been
私達がどうなっていたかって

We could’ve been
私達がどうなっていたかって

We could’ve been (Yeah)
私達なら上手くいったんじゃないかって

We could’ve (Damn)
私達ならね

What we could’ve been, we could’ve been
私達どうなっていたんだろう、私達なら上手くいったのかもね

[Interlude]

[Verse 3: Bryson Tiller & H.E.R]
Ayy
エイ

What we could’ve been
俺たちどうなっていたんだろうな

What we should’ve been
俺たちどうするべきだった?

If I wasn’t, if I wasn’t
もし俺が一人じゃなかったなら

With somebody, if you gotta hide it what’s the point of trying?
もし隠さなきゃならないなら、頑張って何になるんだ?

I ain’t just your friend, no, what’s the point of lying?
俺はただの友達なんかじゃないだろ、嘘をついて何になるんだい?

Tryna sell a story ain’t nobody buyin’
誰も買わないようなストーリーを売ろうとしてるんだ

Look me in my eyes, don’t that feel nice?
俺の眼を見てくれよ、気分は良くならないかい?

Why should it end? Baby, I could’ve been
最後にはどうなるべきかって?ベイビー、俺なら「なれた」のかも

I could’ve been him, more than your friend
俺なら友達以上の存在になれたのかも

Just say where and when, where to make a trip
だからいつ、どこにいて、どこに旅行に行くか決めよう

Baby make a wish, be the one I’m with
ベイビー、願い事をして、俺の運命の相手になってくれ

Should’ve been a-, should’ve, could’ve, would have been, ay
そうあるべきさ、俺たちならできる、きっとそうなるだろ

Yeah I would have been (Damn)
エイ、俺もそうなっていただろうから

Yeah I would have been (Yeah)
エイ、運命の相手になれただろうから

[Outro: H.E.R.]
Damn, damn (Could’ve been)
ねえ、本当に

Yeah, we could’ve been (Oh no)
私なら上手くいったのかもしれないね

Click HERE to more songs and info of H.E.R
ハーの他の楽曲の和訳・紹介はこちらをクリック

アーティスト一覧はこちら

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved