Godzilla (feat. Juice Wrld)

Album : 『Music to be Murdered By』
Year : 2020
Produced by : D.A. Doman & Eminem

[Intro]
Ugh, you’re a monster
あぁ、お前はモンスターだ

[Verse 1: Eminem]
I can swallow a bottle of alcohol and I’ll feel like Godzilla
酒をボトルごと飲み干せるよ、そしたらまるでゴジラのようさ

Better hit the deck like the card dealer
トランプのディーラーみたいに、カードをヒットした方がいいぜ
(トランプのゲームの一つ、ブラックジャックでは山札からカードを引くことを「ヒット」と表現します。また” hit the deck “には「身を伏せる」という意味もあるので、先ほどの「ゴジラ」がいかに危険かを示唆しています)

My whole squad’s in here, walking around the party
俺の仲間はみんなここにいる、パーティで歩き回わって

A cross between a zombie apocalypse and big Bobby “The
Brain” Heenan
ゾンビ・アポカリプスと、ビッグ・ボビー” ザ・ブレイン “ヒーマンの間を通り抜ける
(ゾンビ・アポカリプス = ゾンビが世界を支配することで訪れる終末。
ビッグ・ボビー = WWEのプロレスラー)

which is probably the
Same reason I wrestle with mania
俺がマニアと組み合ってるのも、きっとそれが理由なのかもな
(ボビーは「レッスル・マニア」というTV番組でその人気を獲得しました。一方で「マニア」には「躁鬱病」という意味もあり、エミネムはそれと戦ってきたんですね)

Shady’s in this bitch, I’m posse’d up
このビッチ野郎にはシェイディが宿ってる、仲間なら俺が集めたぜ

Consider it to cross me a costly mistake
俺を怒らせるのは対価の伴う失敗だと思え

If they sleepin’ on me, the hoes better get insomnia
ADHD, hydroxycut
俺を無視するなら、ビッチたちは不眠症か、ADHDになっちまうな、それかダイエット剤か?

Pass the Courvoisi’ (Hey, hey)
クルボアジェをくれよ(ヘイ、ヘイ)
(クラボアジュ = フランス産のコニャック)

In AA with an AK, melee, finna set it like a playdate
脱アルコール依存の会(AA)にAKを持ち込む、遊びの予定みたいに乱闘を始めてやる

Better vacate, retreat like a vacay, mayday
やめといた方がいいぜ、空き家みたいに立ち退かせる、メーデー

This beat is cray-cray, Ray J, H-A-H-A-H-A
このビートはクレイジーだ、Ray Jさ、ハハハ
(Kim “ K “ とRay JのKとRayを合わせてCrayと言っているわけです)

Laughing all the way to the bank, I spray flames
金なら簡単に稼げるよ、炎を吹くぜ

They cannot tame or placate the
あいつらには、この怒りを鎮めて、飼いならせやしない


[Chorus: Juice WRLD with Eminem]
Monster
モンスター

You get in my way, I’ma feed you to the monster (Yeah)
お前は俺の邪魔をした、モンスターに餌をやる

I’m normal during the day, but at night, turn to a monster (Yeah)
日中は普通だが、夜は違う、俺はモンスターになるんだ

When the moon shines like Ice Road Truckers
月がまるでIce Road Truckers のように輝くと
(Ice Road Truckers = 凍った道の上を走るトラックを描いたTV番組)

I look like a villain outta those blockbusters
俺はまるでブロックバスターたちに囲まれる悪党のようさ

Godzilla, fire spitter, monster
ゴジラ、火を噴くモンスター

Blood on the dance floor, and on the Louis V carpet
ダンス・フロアとルイ・ヴィトンのカーペットに血が滴る、

Fire, Godzilla, fire, monster
ファイヤー、ゴジラ、ファイヤー、モンスター

Blood on the dance floor, and on the Louis V carpet
ゴジラ、火を噴くモンスター

[Verse 2: Eminem]
I’m just a product of Slick Rick and Onyx, told ‘em lick the balls
俺はSlick RickとOnyxの時代に生まれた、彼らに「タマを舐めろ」って言ってやる
(エミネムが「世代」のラッパーたち、クルーですね)

Had ‘em just appalled at so many things that pissed ‘em off
俺が何度もビビらせるもんだから、あいつらキレちまってさ

It’s impossible to list ‘em all
そんな奴らは数え切れないほど見てきた

And in the midst of all this
こんなことを言ってるけど

I’m in a mental hospital with a crystal ball
俺は今水晶玉のついた精神病院にいるんだ

Tryna see, will I still be like this tomorrow?
それで覗くんだ、「明日も同じように過ごせるかな?」って

Risperdal, voices whisper
リスパーダル、ささやく声
(リスパーダル = 精神薬)

My fist is balled back up against the wall, pencil drawn
拳を壁に突きつけて、この曲を書く

This is just the song to go ballistic on
これはただ怒りを解き放つための曲

You just pulled a pistol on the guy with the missile launcher
ミサイル・ランチャーを持つ男に銃を構える

I’m just a Loch Ness, the mythological
俺はネス湖の生命体、神話に生きてるのさ

Quick to tell a bitch screw off like a fifth of Vodka
呑んだくれたみたいに、ビッチに「消えろ」と伝えるんだ

When you twist the top of the bottle, I’m a
ボトルの蓋を捻って開ければ、俺は…


[Chorus: Juice WRLD with Eminem]
Monster
モンスター

You get in my way, I’ma feed you to the monster (Yeah)
お前は俺の邪魔をした、モンスターに餌をやる

I’m normal during the day, but at night, turn to a monster (Yeah)
日中は普通だが、夜は違う、俺はモンスターになるんだ

When the moon shines like Ice Road Truckers
月がまるでIce Road Truckers のように輝くと

I look like a villain outta those blockbusters
俺はまるでブロックバスターたちに囲まれる悪党のようさ

Godzilla, fire spitter, monster
ゴジラ、火を噴くモンスター

Blood on the dance floor, and on the Louis V carpet
ダンス・フロアとルイ・ヴィトンのカーペットに血が滴る、

Fire, Godzilla, fire, monster
ファイヤー、ゴジラ、ファイヤー、モンスター

Blood on the dance floor, and on the Louis V carpet
ゴジラ、火を噴くモンスター

[Verse 3: Eminem]
If you never gave a damn, raise your hand
もし理解できねえなら、手を上げておけ

‘Cause I’m about to set trip, vacation plans
今からトリップ(殺)しに行ってやるから、旅行の計画さ

I’m on point like my index is, so all you will ever get is
今まで通り俺は的確、だからお前がこれから受けるのは

The motherfuckin’ finger (Finger), prostate exam (‘Xam)
マザー・ファッキンな指でガンの検査を受けることさ

How can I have all these fans and perspire?
なんで俺はこんなにも多くのファンがいて、汗をかいてんだ?

Like a liar’s pants, I’m on fire
まるで嘘つきのケツみてえだ、俺には火がついてる
(「嘘をつくと、お尻に火がつく」という慣用句から)

And I got no plans to retire and I’m still the man you admire
引退する気もねえし、俺はまだお前の憧れの男さ

These chicks are spazzin’ out, I only get more handsome and flier
あの女たちがキレてるけど、俺はどんどんイケてる男になって、人気が出るばかり

I got ‘em passin’ out like what you do when you hand someone flyers
あいつらを気絶(pass out)させてやる、まるで他人のフライヤーを配る(pass out)みたいに

And what goes around comes around just like the blades on a chainsaw
因果応報さ、チェーンソーの刃と同じ

‘Cause I caught the flap of my dollar stack right off the bat like a baseball
だって俺はバットから積み上がった金が羽ばたくのを見たんだ、まるで野球のようだろ

Like Kid Ink, bitch, I got them racks with so much ease that they call me Diddy
まるでキッド・インク、ビッチ、金なら簡単に稼ぐ、みんな俺をDiddyなんて呼ぶ
(P Diddyのこと、彼は大富豪です)

‘Cause I make bands and I call getting cheese a cakewalk (Cheesecake, yeah)
だって俺は稼いでて、しかも楽に稼いでるのさ(チーズケイク)
(Diddyがプロデューサーを務めたTVリアリティ・ショー = Cheesecake “)

Bitch, I’m a player, I’m too motherfuckin’ stingy for Cher
ビッチ、俺はプレイヤーだ、でも女優にはケチすぎる

Won’t even lend you an ear, ain’t even pretending to care
お前の耳を借りなくてもいい、気にかけるフリもしねえ

But I tell a bitch I’ll marry her if she’ll bury her
でもビッチに言っておく、もし死体を埋めるなら、俺は彼女と結婚するよ

Face on my genital area, the original Richard Ramirez
顔をアソコに埋めてさ、オリジナル版リチャード・ラミレスさ
(リチャード・ラミレス = アメリカのシリアルキラー)

Christian Rivera, ‘cause my lyrics never sit well
それかクリスチャン・リベラ、だって俺のリリックは危険だから

So they wanna give me the chair
みんな俺を落ち着かせようとする

Like a paraplegic, and it’s scary, call it Harry Caray
まるで下半身の麻痺みたいに、それは怖えな、ハリー・ケリーと呼ぶよ
(ハリー・ケリー = シカゴ出身のアナウンサー)

‘Cause e’ry Tom and Dick and Harry carry a Merriam motherfuckin’ dictionary
トムやらディックやら、ハリーも、メリアム・マザーファッキン・辞書に乗ってそうな名前ばっかりだ
(メリアム・ディクショナリーは辞書のブランド名)

Got ‘em swearing up and down they can spit, this shit’s hilarious
間違いなくあいつらは言うよ「俺たちはラップできる」ってさ、可笑しいよな

It’s time to put these bitches in the obituary column
こいつらビッチたちを追悼記事に載せてやる時間だ

We wouldn’t see eye to eye with a staring problem
俺たちは問題を見つめたりしない

Get the shaft like a steering column
ただ酷い扱いをしてやるだけさ

Trigger happy, pack heat, but it’s black ink
銃も喜んでるよ、出番が来てさ、黒塗りだけどね

Evil half of the Bad Meets
悪魔の半分はBad Meets
(ロイス・ダ・59とのユニットBad Meets Evilを引用)

Evil, that means take a back seat
悪魔、つまり目立たないのさ

Take it back to Fat Beats with a maxi, single
ケツのでけえFat Beatsに譲ってやれよ、その一人席をさ

Look at my rap sheet, what attracts these people
俺のラップ・シートを見てみろ、みんなが魅了されるのさ

Is my gangster, bitch, like Apache with a catchy jingle
俺のギャング・スター、ビッチはまるでキャッチーな歌を歌うアパッチのよう

I stack chips, you barely got a half-eaten Cheeto
金を積み上げる、お前じゃ食べかけのチートス(金)すら手に入らねえ

Fill ‘em with the venom and eliminate ‘em
あいつらを毒液で犯して、侵食する

Other words, I Minute Maid ‘em
言い換えるよ、あいつらをミニッツ・メイド(絞り殺)してやる

I don’t want to hurt ‘em, but I did ‘em in a fit of rage
みんなを傷つけたくないんだ、でもこの怒りを納めないといけないのさ

I’m murderin’ again, nobody will evade him
またあいつらを殺す、誰も避けることはできない

Finna kill ‘em and dump all the fuckin’ bodies in the lake
奴らを殺し、死体を湖に沈める

Obliterating everything, incinerate and renegade ‘em
全てを抹消し、焼き払い、裏切ってやる

And I make anybody who want it with the pen afraid
歌詞に載りたいなんて思ってる奴を全員恐怖のどん底に落としめる

But don’t nobody want it, but they’re gonna get it anyway
誰も望んでいなくても、結局はそうなるのさ

‘Cause I’m beginnin’ to feel like I’m mentally ill
だって俺は自分が精神的に狂ってると思い始めたから

I’m Attila, kill or be killed, I’m a killer bee, the vanilla gorilla
俺はアッティラ、やるかやられるか、俺は殺人バチ、バニラ・ゴリラ
(バニラ・ゴリラ = 総合格闘技の選手チェイス・シャーマンの愛称)

You’re bringin’ the killer within me out of me
お前は俺の中の殺し屋を目覚めさせて

You don’t want to be the enemy of the demon who went in me
俺という名の悪魔を敵にしたくはないだろ

And be on the receiving end of me, what stupidity it’d be
自分の終わりを受け止めるなんて、なんて馬鹿らしいんだろうな

Every bit of me’s the epitome of a spitter
俺は典型的なラッパー

When I’m in the vicinity, motherfucker, you better duck
俺は神聖なゾーンに入る、マザー・ファッカー、逃げた方が良いぜ

Or you finna be dead the minute you run into me
さもないと、俺に出会って死ぬことになる

A hundred percent of you is a fifth of a percent of me
100%のお前は俺の50%しかない

I’m ‘bout to fuckin’ finish you bitch, I’m unfadable
お前をマジで終わらせてやる、ビッチ、俺は消せないから

You wanna battle, I’m available, I’m blowin’ up like an inflatable
戦いたいなら、相手するぜ、爆発するまでぶっ飛ぶぜ

I’m undebatable, I’m unavoidable, I’m unevadable
仕方がない、避けられない、逃げられない

I’m on the toilet bowl, I got a trailer full of money and I’m paid in full
今俺は便器の上、大金を使っても、トレイラーは金でいっぱい

I’m not afraid to pull the—
俺は引き金を引くのを恐れてないのさ

RELATED POST

LATEST NEWS

LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved