INTRO - DaBaby

Album : KIRK
Track : 1
Year : 2019
Produced by : DJ Kid

ノースカロライナ出身、現在27歳のラッパーDaBaby (ダ・ベイビー) / ジョナサン・カーク。
デス・ロウ・レコードのCEOシュグ・ナイトをテーマにした楽曲” Suge “で一気に人気を獲得、人気ラッパーたちの登竜門的なイメージもついているXXLフレッシュメン・フリースタイルにも参加。
その後、同郷J.コール率いるドリームヴィル・プロデュースのアルバム『Revenge of the Dreamers 3』にも参加するなど、今ではヒップホップ・ファンならその存在を知らない人はいないほどに。

おっかないまでの凶暴さ、野太い男らしい声に力強いリリック、ユーモア溢れるビデオ、「ベイビー」という名前を前面に押し出すキャラクターのキャッチーさから人気を掴んだ彼。

全米で話題沸騰の“おバカ”ソング?ダベイビー「シュグ」が遂にTOP10入り!

といった記事があるように、その作風はどこかマーケティング的な力を感じる「キャラクター作り」によって生み出されており、2017年にはオムツ姿で人前に現れるなど、彼は売れるための話題作り・キャラクター作りを欠かさないラッパーなんだろうと感じていました。

そんな彼、実は23歳で音楽活動を始め、ファーストアルバム『Baby on Baby』をリリースするまでの3年間で9作 (!) ものミックステープを急ピッチでメイクしています。
こういったハードワークを重ねる一方で、” Suge “をドロップするまで大きなヒットが生まれず苦しんだことも事実で、年齢だけ見れば彼は遅咲きの部類に入ってくるのかもしれません。
そんな彼の魅力はヒットが生まれない状況でも、キャラクターを貫きながら、どんな手段でも絶対に成功するという覚悟を持っていることだと思うのです。

そしてその考えは、今回紹介する作品を聴いた後、確信に変わったような気がしています。
INTRO “はすでに莫大なお金・無数のファンを獲得した彼が、近日中にリリースを予定しているセカンドアルバム『KIRK』を控え発表した先行シングル。

作風・パフォーマンスが「キャラクター」だったことを裏付けるような「これまでのキャリア」と「家族への愛」と言った内容が描かれたこの作品は、彼がどれだけ「努力家」であり、周りの人間にどんな風に接しているのかがよく伝わってくる作品になっています。

[Verse 1]
Thinkin’ ‘bout my grandmama and shit
婆さんのことを考えてたんだ

I got the number one record, they acknowledged the jit (Ayy, yo, Kid)
曲で1位も取ったし、もうみんな” jit “な俺を知ってる
(” jit “はフロリダ発祥のスラング。若いギャングスタのことを表すそう)

They goin’ crazy when they play it, head bobbin’ and shit
俺の曲がかかればみんな狂ったように盛り上がる、頭を振りまくってさ

And I’m just somewhere fucked up thinkin’ ‘bout my father and shit
でも俺は父さんのことを考えながら、どこかで頭を抱えてる

They found him dead a couple days before I started tour
ツアーを始める数日前、父さんは死体で発見された

Same day I flew back to the city from Miami
その日のうちに地元に戻ったよ

I was out there with the family
家族と一緒にマイアミまで出かけてたからな

Just lookin’ at my daughter
ふと娘を見て思うんだ

Thinkin’ to myself like, “Damn, my baby look just like my daddy”
「クソ、俺のベイビー(娘)は父さんにソックリじゃねえか」ってさ

Same time I got the news, my shit went number one, that’s fucked up
そんな時だよ、連絡が来たのは。俺の曲が一位を獲ったんだってよ。めちゃくちゃだよな

That shit there was confusin’, a lil’ bit, you know I flew in with the stick
少し混乱したよ。お前らはわかってるだろ、俺がそう簡単に動じないことくらいさ
(普段動じない彼が混乱したのですから、それほど衝撃だったわけですね)

Okay, like let me know what’s up before I lose it in this bitch
オーケイ、こんなことになる前、何があったのか教えてくれよ

And everybody tryna talk, I ain’t tryna talk, I’m tryna click
みんながどんなに騒ごうと、俺は語らない。直接真実は確かめるから

I’m tryna send somebody wit’ him
直接誰かを送り込んで話すのさ

Somebody let me know what’s happenin’
何が起きたのか、誰か教えてくれよ

My last name K-I-R-K, Kirk
俺のラストネームはK-I-R-K、カークさ
(彼の本名はジョナサン・カーク)

You know how I rock behind my daddy
父さんの後を追ってロックしてるぜ

You know I never gave a fuck about the world, just about my family
世界のことなんて一回も気にしたことねえよ、俺が気にしてるのは「家族」のことだけ

How the fuck I make it to the top same day I lost the nigga that had me?
トップに登り詰めた同じ日に、自分を育ててくれた親を失うって、どうなってんだ?

How a nigga perform on BET and a year ago couldn’t afford a sandwich?
BETがパフォーマンスしてるラッパーが、一年前にはサンドイッチすら買えなかったんだぜ?
(BET Awardのこと)

I had to move in with TG when I went broke movin’ out to Cali
カリフォルニアに越して一文無しになりかけてた俺は、TGと引っ越さなきゃならなかった
(TGは彼のリリックに度々登場します。友人もしくは家族でしょうか)

What you know you smilin’ every day for all your fans, actin’ like you happy?
お前はファンのために毎日笑顔だけど、無理してるんじゃねえか?

I spent a hundred thousand layin’ my daddy to rest, but I ain’t braggin’
10万ドルの家を父さんにプレゼントしたけど、俺は自慢したりしねえ

I got some questions, I’m a die about respect if I don’t get answers
疑問があるんだ、答えが得られないくらいなら死んだ方がマシだね

My mama stood up in that chair, took it like a G when she had cancer
ママはあのイスに座って悩みこんでた、ガンを患っててギャングみたいに葉っぱをやってた

My brother be thinkin’ that we don’t love him and let him struggle like we ain’t family
弟は俺たち家族に愛されていないと思い込んで、疎外感に苦しめられてる

Like I won’t give up all I got to see you happy, nigga
みんなの幸せな顔を見るために、俺は諦めたりしねえ

We shocked the world, everybody know what’s happenin’, nigga
俺は世界を震撼させた、みんな何が起きてるかは理解してるだろ

I’m still Lil’ Jon Jon, my song, it just went platinum, nigga
俺は相変わらずLil Jon 並みだぜ、ちょうど俺の曲がプラチナムに行ったとこさ
(Lil Jonはサウスのラッパー、超ヒットメイカーですね)

We on our own time, let’s go move out to Cali, nigga
ようやく俺たちの時間が来たぜ、カリフォルニアに引っ越してやるよ
(彼は一度お金がないことから、カリフォルニアから離れたとリリックにありましたね)

Put the kids in homeschool, let’s go get us a mansion, nigga
子供の教育はホームスクールでいいさ、マンションを買ってやればいいだろ
(ホームスクールは学校ではなく自宅で行う教育法)

Let’s raise our kids right, let’s watch the shit we teach ‘em, nigga
正しい道で子供たちを育てるんだ、俺たちの「教え」をよく見ときな

Let’s start a business for you so they can’t say that you leechin’, nigga
お前らのためのビジネスを始めるぜ、そしたら君も「金魚の糞」だなんて言われないだろ

How I know I’m the chosen one, ‘cause sometimes when I be speakin’, nigga
なんで自分が「選ばれし者」か気づいたかって?だって時々ふと思うからだよ

Like on this song, I ain’t rappin’, I’m preachin’, nigga
この曲みたいにな。俺はラップしてるんじゃねえ、「教えを説いてんだ」って

[Chorus]
If I love you, then I need ya (Let’s go)
もし俺が君を愛してるなら、それは君が必要だってこと

I fuck with you like Martin fuck with Gina (Uh)
マーティンがジーナを想うように君のことが好きなんだ
(90年代のTVショー『Martin』に登場する二人の人物名ですね)

We family like we Venus and Serena (Hey)
俺たち家族はまるでヴィーナスとセレーナ
(テニスプレイヤーの姉妹ヴィーナス、セレーナ・ウィリアムスのこと)

Let’s go get married like we thank God and Kanisha (Okay)
神様とカニーシャに感謝したように、俺と結婚しよう

Don’t give a fuck about the world, just ‘bout my people (Facts)
世界のことなんて気にしねえ、気にすんのは仲間だけ

I don’t care what the fuck they told you, we ain’t equal (Uh-uh)
世界が君に何を言おうと気にしない、俺たちは元々平等じゃないから

Niggas ain’t cut from the same cloth, these niggas see-through (Ayy)
人はみんな違う親 (服) から生まれるだろ、あいつらの考えは見え見え (シースルー) なんだよ 
(人は服の素材のように異なる遺伝子を持って生まれるということ。” cloth – 服 “と” see-through – シースルー “をかけています

And I be too busy doin’ me to see what he do, nigga
他人のこと気にしてる暇は俺にはねえんだよ

[Verse 2]
Yeah, verse two, that lil’ nigga from the other side (Uh-huh)
エイ、ヴァース2、違うキャラでやらせてもらうぜ
(ヴァース2はいわゆる従来のダ・ベイビーのキャラクターからの視点でしょう)

And I do it myself, whenever I ride, you know that my brothers ride (Okay)
ラップは自分のためにやってんだ、俺がやれば、どうせみんなついてくるから

And I still got a lotta shit on my mind that I can’t undecide (Yeah, yeah)
決断できないことを俺はまだまだ山ほど抱えてる

Got me ready to slide, feelin’ like Doe Boy when his brother died (Boyz n the Hood)
覚悟はできてる、まるでブラザーが殺された時のDoe Boyみたいな気持ちだよ
(TVシリーズ『Boyz n the Hood』の登場キャラDough Boyから)

You know how I step, you know how I rep, you know about Baby, nigga (You know about Baby)
俺のやり方も、レペゼンの仕方もわかってるだろ、これがベイビーのやり方さ

You know how I’m comin’ back for that cross if you ever play me, nigga (Get back)
俺のことをもて遊んだら、キレてどうなるかわかってるよな

You know how I got it up out the mud and turned it to gravy nigga (Huh)
俺がどうやって底辺から抜け出して、大金を手に入れたかわかるだろ

And hit the rap game like crack cocaine in the ’80s, nigga
80年代のクラック・コカインみたいに、ラップ・ゲームを支配してやる

[Interlude]
Fuck you niggas talkin’ ‘bout, bruh? Like.. (Oh my God, oh)
ファッキュー、グダグダ言いやがって 

Look (Oh my God)
見ろよ

Look, man
見て見ろよ、なぁ

Look (Oh my God)
見てな

Baby on Baby, now that’s Baby on Baby
成功してやる、なぁこれがベイビーオンベイビーだぜ
(『Baby on Baby』は彼のファーストアルバムのタイトル)

God is great
神は偉大だな

Big dawg, Baby
なぁ親友よ、ベイビー

He goin’ Baby on Baby on Baby, huh
あいつら成功するぜ

Yeah, rest in peace to my daddy
エイ、安らかに眠ってくれ父さん

Rest in peace to my grandma
安らかに眠ってくれ婆さん

Let’s go
さあ行くぜ

[Chorus]
If I love you, then I need ya (Let’s go)
もし君を愛してるなら、君が必要だってことさ

I fuck with you like Martin fuck with Gina (Uh)
マーティンがジーナのように君のことが好きなんだ

We family like we Venus and Serena (Hey)
俺たち家族はまるでヴィーナスとセレーナ

Let’s go get married like we thank God and Kanisha (Okay)
神様とカニーシャに感謝するように、結婚しよう

Don’t give a fuck about the world, just ‘bout my people (Facts)
世界のことなんて気にしねえ、気にすんのは仲間だけ

I don’t care what the fuck they told you, we ain’t equal (Uh-uh)
世界が君に何を言おうと気にしない、俺たちは元々平等じゃないから

Niggas ain’t cut from the same cloth, these niggas see-through (Ayy)
人はみんな違う親 (服) から生まれるだろ、あいつらの考えは見え見え (シースルー) なんだよ 

And I be too busy doin’ me to see what he do, nigga
他人のこと気にしてる暇は俺にはねえんだよ

[Outro]
Uh-huh
Okay, yeah
Uh-huh
Okay

Click HERE to more songs by DaBaby
ダ・ベイビーの他の楽曲の和訳・紹介はこちらをクリック

アーティスト一覧はこちら

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved