by

Never Let Me Down (Feat. J. Ivy & Jay-Z)

Album : The College Dropout
Track :8
Year : 2004
Produced by : J.Ivy & Jay-Z

2004年リリース、Kanye West(カニエ・ウエスト)のデビュー・アルバム『The College Dropout』から、詩人・J.アイヴィー、ジェイ・Zを迎えた8曲目” Never Let Me Down “を紹介します !

『The College Dropout – 大学中退』と題されたアルバムは、その後、3作目の『Graduation – 卒業』まで一連のシリーズとされ、ジャケットのクマさんと共に続いていくのですが、今作はそんな” クマさん3部作 “の序章であり、カニエのデビュー・アルバムでもあります。

この曲でカニエは、1960年代にアメリカで起った黒人の権利問題を抗議する運動、公民権運動に彼の祖父が参加していたことを明かします。中でも、特にオクラホマ州で行われた” Sit In – 座り込み “の抗議に大きな影響を与えていたと語られています。
そんな祖父の誇り高き血が自分には流れているんだ。と曲中で語り、現在の選挙制度について苦言を呈しています (一票の格差問題など) 。
そんなカニエですが、2016年に行われたアメリカ大統領選挙には「不投票」という選択をしています。祖父の代から、命を賭けて手にした選挙権を使わなかった、その理由とは一体何だったのでしょうか。その答えは彼にしかわかりませんが、やはり、いわゆる” オールド・カニエ “と、最近の彼の間には大きなギャップがあると言わざるを得ないでしょう。


[Chorus]
When it comes to being true, at least true to me
「誠実さ」か。少なくとも俺は自分には正直だぜ

One thing I’ve found, one thing I found
一つ見つけたことがあるんだ、俺が一つだけ見つけたもの

Oh no, you’ll never let me down
あぁ、君は絶対に俺をガッカリさせないから

Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
立ち上がれ、俺が行くぜ、立ち上がるんだ、俺が行くぜ
(詩人J.Ivyの ” Never Let Me Down “から)

 

 

 

[Verse 1: Jay-Z]
Yo, first I snatched the streets, then I snatched the charts
Yo、ストリートを支配したら、今度はチャートも支配しちまった
(ドラッグ・ディールで金を稼いだあと、ラッパーとしても活躍する)

First I had they ear, now I have they heart
あいつらが俺の曲を聞けば、もうハートは掴んだぜ

Rappers came and went, I’ve been here from the start
ラッパーは出てきてはいなくなる、それでも俺は最初からここにずっと立ってる

I seen them put it together, watched them take it apart
俺は目にしてきたんだ、あいつらがツルんでは、仲間割れしてくサマをな

Seen the Rovers roll up with ribbons
ローバーにはリボンがついてたよな
(新車のレンジ・ローバーを購入した)

I seen them re-po’d, re-sold, then re-driven
金が払えず回収される車、売っぱらって、またその車は誰かに乗られるのさ
(ラッパーたちは、高級車を購入してもローンを支払うことができず、押収され、また他のラッパーの手に渡る)

So when I reload, he holds number one position
俺がリロードしてる時は、あいつらナンバーワンの座を手にすることができる
(他のラッパーが一番になれるのは、彼がアルバムを準備している時だけ)

When you hot, I’m hot
お前がホットなら、俺もホットだし

And when your feet cold, mines is sizzling
お前の足元が寒くとも、俺は超アツいままさ

It’s plain to see, niggas can’t fuck with me
一目瞭然だろ、誰も俺にはついてこれねえ
(N.W.A “Niggaz 4 Life “から)

‘cause I’mma be that nigga for life
だって俺はこの人生をかけてるから

This is not an image, this is God-given
これはただのイメージなんかじゃない、神に与えられた恵みなんだ

This is hard-livin’, mixed with Cristal sippin’
これがハードに生きるってこと、それでもクリスタルを飲むのさ
(クリスタルはシャンパンのこと。彼は危険を犯しながらハードに生きつつ、豪華な生活を楽しんでいると)

It’s the most consistent, Hov
俺ほど筋が通ってるやつ他にいないだろ、Hov
(Hov = Jay-Zの愛称)

Give you the most hits you can fit inside a whole disc and
君がアルバムの一番お気に入りの曲を送るよ

Nigga I’m home on these charts, y’all niggas visitin’
なぁ、俺がチャートに帰ってきたぜ、みんな夢中なんだ

It’s Hov tradition, Jeff Gordon of rap
これがHovの伝統、ラップのジェフ・ゴードンさ
(ジェフ・ゴードンはレーシング・ドライバー。スーパースターです)

I’m back to claim pole position, holla at ya boy
またポール・ポジションに戻ってきたんだ、お前らに挨拶しとくよ
(ポール・ポジション = レース中の暫定1位のことですね)

 

 

 

[Chorus]
When it comes to being true, at least true to me
「誠実さ」か。少なくとも俺は自分には正直だぜ

One thing I’ve found, one thing I found
一つ見つけたことがあるんだ、俺が一つだけ見つけたもの

Oh no, you’ll never let me down
あぁ、君は絶対に俺をガッカリさせないから

Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
立ち上がれ、俺が行くぜ、立ち上がるんだ、俺が行くぜ

 

 

 

[Verse 2: Kanye West]
I get down for my grandfather who took my mama
俺のママを育てた、おじいちゃんに送るよ

Made her sit in that seat where white folks ain’t want us to eat
彼女を座席に座らせる、そこじゃ白人は俺たちが餓死することを祈ってた
(おじいちゃんの時代の話ですね。彼の祖父は公民権運動に関わっていたとのこと。またオクラホマの座り込みでの抗議では、運動の重要な役割を担っていたそう)

At the tender age of 6, she was arrested for the sit-ins
たった6歳だったのに、彼女は座り込みの罪で逮捕されたんだ

And with that in my blood I was born to be different
その血が俺にも流れてるんだ、俺は異質な存在として生まれた

Now niggas can’t make it to ballots to choose leadership
今じゃ、黒人たちはリーダーを選ぶための投票用紙すら手にすることができない
(いわゆる一票の格差問題ですね。黒人たちには何かしらの力が働き、白人よりも選挙への影響力が弱くなるよう操作されていると彼は語っています)

But we can make it to Jacob’s and to the dealership
でも俺たちはJacobとディーラーだけは手にすることはできる
(” Jacob & Company “は高価な宝石を扱う会社。ディーラーは車のディーラーのことでしょう。つまり、高価な宝石や車ばかり買わされて、選挙への権利や、十分な教育が与えられないと)

That’s why I hear new music and I just don’t be feelin’ it
俺が新しい音楽を聞くのはそれが理由だよ、昔みたいな気持ちになりたくないんだ

Racism’s still alive, they just be concealin’ it
人種差別はまだ残ってる、ただ隠れているだけ

But I know they don’t want me in the damn club
でも俺にはわかるんだ、クソなクラブであいつらは俺をお呼びじゃないって

They even made me show ID to get inside of Sam’s Club
Sam’s Clubでさえ、俺にIDを出せって言ってくる
(” Sam’s Club “というクラブは、基本的にIDの提示は必要ないそう)

I done did dirt and went to church to get my hands scrubbed
泥にまみれた、この手を洗われるために教会に向かった
(” 泥  “には、犯罪、貧困などネガティブなイメージがあります)

Swear I’ve been baptized ‘least three or four times
誓うよ、俺は3回か4回は洗礼を受けてるんだ

But in the land where niggas praise Yukons and getting paid
でもこの大地で黒人たちは、Yukonや、金持ちを褒め称えてる
(” Yukon “はGMCのSUV車。どれほど宗教の洗礼を受けても、アメリカに住む黒人たちは富や豪華なものを追い求める)

It’s gonna take a lot more than coupons to get us saved
クーポンだけじゃ、俺たちを救うことは難しそうだ

Like it take a lot more than doo rags to get you waves
まるでドゥーラグだけじゃ上手く” waves “を作れないみたいにさ
(” waves “はヘアスタイルのことですね。アフリカン・アメリカンたちはドゥーラグを頭に巻くことで、このヘアスタイルを作ります)

Nothing sad as that day my girl’s father passed away
彼女の父親が亡くなった日ほど悲しい日はないよ
(彼がデビュー前に付き合っていたとされる、Sumeke Raineyのことでしょう)

So I promised to Mr. Rainey I’m gonna marry your daughter
だからRaineyさんに誓ったんだ「俺はあなたの娘さんと結婚します」ってさ

And you know I gotta thank you for the way that she was brought up
彼女が俺をここまで成長させてくれた、感謝しないとな

And I know that you were smiling when you see the car I bought her
きっとあなたも笑ってくれるはずさ、俺が彼女にプレゼントした車を見れば

You sent tears from heaven when you seen my car get balled up
天国から涙を流してくれるはずさ、俺の車が壊れちまったら

But I can’t complain what the accident did to my left eye
でも俺の” 左目 “に起きたアクシデントには文句は言えないよ
(おそらく事故で亡くなったLisa “Left Eye” Lopez のこと)

Cause look what an accident did to Left Eye
だって” 左目 “に起きた事故をよく考えてみなよ

First Aaliyah now Romeo must die
最初にアリーアで、『ロメオ・マスト・ダイ』か
(アリーアは飛行機事故で亡くなったシンガー。そのアリーアが出演した映画が『ロメオ・マスト・ダイ』)

I know I got angels watching me from the other side
わかってる、あの世から天使が見ていてくれるってね

 

 

[Chorus]
When it comes to being true, at least true to me
「誠実さ」か。少なくとも俺は自分には正直だぜ

One thing I’ve found, one thing I found
一つ見つけたことがあるんだ、俺が一つだけ見つけたもの

Oh no, you’ll never let me down
あぁ、君は絶対に俺をガッカリさせないから

Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
立ち上がれ、俺が行くぜ、立ち上がるんだ、俺が行くぜ

 

 

 

[Verse 3: J. Ivy]
We are all here for a reason on a particular path
俺たちはみんな理由があってここにいる

You don’t need a curriculum to know that you’re a part of the math
この地球の一部であることに、カリキュラムを知っている必要なんてないんだ

Cats think I’m delirious but I’m so damn serious
女の子たちは俺が頭のおかしいやつだって思ってるけど、俺はマジで真剣なんだ

That’s why I expose my soul to the globe; the world
俺がこの魂を地球、そして世界に投げかけるのもそれが理由さ

I’m trying to make it better for these little boys and girls
ボーイズとガールズのための、この世界をもっと良くするためにさ

I’m not just another individual
俺は別に特別なワケじゃない

My spirit is a part of this that’s why I get spiritual
俺のスピリットはこの地球の一部だろ、スピリチュアルになるには十分な理由さ

But I get my hymns from Him
でも俺は彼から、俺の賛美歌を聞いたんだ

So it’s not me, it’s He that’s lyrical
だから俺じゃない、リリカルなのは彼さ

I’m not a miracle, I’m a heaven-sent instrument
俺は奇跡でもなんでもない、俺は天国から送られた楽器さ

My rhythmatic regiment navigates melodic notes
頭の中のリズムが、音の調べを示してくれる

For your soul and your mental
君の魂と、君の気持ちのためにさ

That’s why I’m instrumental, vibrations is what I’m into
だから俺は楽器なんだ、心を動かすものに俺は夢中なんだ

Yeah I need my loot by rent day
エイ、家賃支払いの日には金が必要だろ

But that ain’t what gives me the heart of Kunta Kinte
でもその金じゃ、俺にKunta Kinteのハートを与えてくれない
(黒人奴隷の問題を描いたアメリカのドラマ『Roots』から。クンタ・キンテはアフリカンとして誇り高く生きる主人公)

I’m trying to get us “us free” like Cinque
俺は俺たちを” 自由に “して欲しいだけなんだ、Cinqueみたいに
(Cinqueはアミスタッド号事件の首謀者の名前。奴隷を輸送する船で起きた反乱です)

I can’t stop, that’s why I’m hot
俺は止められない、俺がホットな理由さ

Determination, dedication, motivation
決意、献身、モチベーション

I’m talking to you of my many inspirations
俺は君たちに話してるんだ、俺のインスピレーションである君たちにね

When I say I can’t let you or self-down
「君を離さない」って言うのは、こういうことさ

If I were on the highest cliff, on the highest riff
「もし俺と高い崖の上にいるとしたら、そびえる崖の上にさ

And if you slipped off the side and clinched on to your life
君がもしそこから滑り落ちて、俺の手に掴まったなら

In my grip, I would never ever let you down
絶対君を離したりしない」ってこと

And when these words are found
そこでこんな言葉が浮かんできたんだ

Let it be known that God’s penmanship has been signed
神がその手で文字を書き記していった

With a language called love
「愛」と呼ばれる、そんな言語を使って

That’s why my breath is felt by the deaf
自分の声が聞きづらいのもそれが理由さ

And while my words are heard and confined to the ears of the blind
でも俺の言葉は、耳が聞こえない人にも聞こえるのさ

I too dream in color and in rhyme
カラーとライムに大きな夢を抱いてる
(人種の問題が解決されること、ラップの可能性に夢を抱いている)

So I guess I’m one of a kind in a full house
だから思うんだ、俺はフルハウスの中じゃ変わった存在だって
(フルハウスはポーカーの役ですね。同じ数字のカードを3枚+2枚でフルハウスとなります。” one of a kind “はトランプで役に立たないカードという意味で用いられるそう)

Cause whenever I open my heart, my soul or my mouth
だっていつも、俺がこの心、魂、そして口を開けば

A touch of God reigns out
神からの御触れが降りてくるから

Take ‘em to church
さぁみんなで教会に行こうぜ

 

 

 

[Chorus]
When it comes to being true, at least true to me
「誠実さ」か。少なくとも俺は自分には正直だぜ

One thing I’ve found, one thing I found
一つ見つけたことがあるんだ、俺が一つだけ見つけたもの

Oh no, you’ll never let me down
あぁ、君は絶対に俺をガッカリさせないから

Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
Get up, I get down, get up, I get down
立ち上がれ、俺が行くぜ、立ち上がるんだ、俺が行くぜ

 

 

 

[Verse 4: Jay-Z and (Kanye West)]
Who else you know been hot this long?
誰がこんなにホットなまま続くなんて思った?
(この曲も4ヴァース目。ここまでホットな状態で続くなんて誰も想像しない)

(Oh yeah, we ain’t finished)
(エイ、俺たちまだ終わらないぜ)

Started from nothing but he got this strong
何もないとこから始まった、でも彼はこんなにも強くなった

(The Roc is in the building)
(Rocがいるぜ)
(Jay-Zのレーベル” Roc Nation “のこと)

Built the Roc from a pebble, peddled rock before I met you
ほんの小石から大きな岩 (Roc) を作り上げた、君に会う前から” ロック “を売ってた
(レーベル” Roc Nation “のこと。また” ロック “にはコカインという意味も)

Pedaled bikes, got my nephews pedal bikes because they special (Wooooo)
自転車のペダル、いとこに自転車を買ってあげたよ、だって彼らは特別だから (Wooooo)

Let you tell it, man, I’m falling
言ってくれよ、なぁ、俺は落ちていってる

Well, somebody must have caught him
なぁ、誰か彼を捕まえてくれよ

‘cause every fourth quarter, I like to Mike Jordan them
だって毎4クォーター、俺はマイケル・ジョーダンをあいつらに見せるから

Number one albums, what I got? Like four of them
ナンバーワン・アルバムばかりさ、何枚だって?あの4枚のことだよ
( Vol. 2… Hard Knock Life , Vol. 3… The Life and Times Of S. Carter, The Dynasty: Roc La Familia, The Blueprint の4作品)

More of them on the way, the eighth wonder on the way
これからもっと行くぜ、8枚目の冒険が始まるんだ
(『The Black Album』のことでしょう)

Clear the way, I’m here to stay
やり方は明確さ、ここに留まること

Y’all can save the chitter chat, this and that
お前らはペチャクチャ喋ってろよ、あれやこれってさ

This is Jay, dissing Jay will get you maced
これがJayだぜ、Jayをディスれば、お前には催涙ガスが

When I start spitting them lyrics niggas get very religious
俺がリリックをスピットし始めたら、お前らは突然、行儀よくし始める

Six Hail Marys, ‘Please Father forgive us’
アヴェ・マリアは言う「父なる神よ、許してください」

Young the archbishop, the Pope John Paul of y’all niggas
若き大司教、お前らにとっての法王・ジョン・ポールだぜ
(彼はヒップホップのコミュニティにとっての法王のような存在なんだと)

They way y’all all follow Jigga
みんなJiggaについてくるってワケさ
(Jigga = Jay-Z)

Hov’s a living legend and I’ll tell you why
Hovは生きる伝説さ、理由を教えてやるよ

Everybody wanna be Hov and Hov’s still alive
誰しもがHovになりたくて、Hovがまだ生きてるからだよ
(亡くなったラッパーが、注目されることはよくありますが、彼は存命中に莫大なプロップスを持っていると)


College Dropout (2004)

1. Intro

2. We Don’t Care

3. Graduation Day

4. All Falls Down

5. I’ll Fly Away

6. Spaceship

7. Jesus Walks

8. Never Let Me Down

9. Get Em High

10. Workout Plan

11. The New Workout Plan

12. Slow Jamz

13. Breathe In Breathe Out

14. School Spirit (Skit 1)

15. School Spirit

16. School Spirit (Skit 2)

17. Lil’ Jimmy (Skit)

18. Two Words

19. Through the Wire

20. Family Business

21. Last Call

Click HERE to more songs by Kanye West
カニエ・ウエストの他の楽曲の和訳・紹介はこちらをクリック

Click HERE to more songs by Jay-Z
ジェイ・Zの他の楽曲の和訳・紹介は こちら をクリック

アーティスト一覧はこちら