スクリーンショット 2019-08-21 16.37.06

KFT at Youtube

SZA (シザ)、インタビューで次回作のリリースが間近だと明言。ジャスティン・ティンバーレイクとの製作を語る。

AUGUST 21 , 2019

ミズーリ州出身のシンガーSZA (シザ)
ケンドリック・ラマー擁するTDE (Top Dawg Entertainment )に所属する彼女は、2017年デビュー・アルバム『Ctrl』をリリースして以来リミックス版を除く音源の発表は無く、多くのファンがセカンド・アルバムを待望している。

先月オーストラリアで行われたライブMC中に「次のアルバムをリリースする前に、小さなプロジェクトをドロップするかも」と発言した彼女だったが、それが実現するかどうかは不明確なままだった。

しかし先日、NYを拠点に活動するアートユニットSphagetti Boys (スパゲッティ・ボーイズ) の設立者、Kerwin Frost が行なったインタビューに出演し、直近の製作について・来たるニュー・アルバムについて語ってくれた

昨日ジャスティン・ティンバーレイクとスタジオに入ったの!
本当にクレイジーよね。クールな曲ができた。まさか彼と曲を作るなんて信じられなかったけど。
スタジオに入った後も「なんで私ジャスティンとスタジオにいるの?こんなのありえない」って思ってたけど、曲がかかったら緊張も溶けて。

彼の持ってきたビートを聞いて一緒に歌っていたら、二人のハーモニーが合ってきたの。
「彼と同じ言語を話してる!」って実感したわ。

と、インタビュー冒頭にジャスティン・ティンバーレイクと前日にレコーディングを果たしたことを語った彼女。
ボーイズ・バンドBROCKHAMPTON (ブロックハンプトン)、プロデューサーJack Antonoff (ジャック・アントノフ) もその場に居合わせていたとのこと。上記のアーティストは全てRCAレコーズと契約しているので、おそらくRCAのスタジオでレコーディングをしていたのだろう。

また、直近でPost Malone (ポスト・マローン) の楽曲に客演として参加したと語っており、こちらのリリースも非常に楽しみだ。

来たる新作について「不安は、前作に比べ薄れてるわ。」と大きなプレッシャーを感じず、自信を持ちながらナチュラルな状態で製作に向き合うことができていることを語っている。
リリース日については「” Soon as fuck ” – マジでもうすぐよ。」と、具体的な明言は避けたものの、早ければ今月中・来月上旬にも先行シングルやティーザーなど何かしらのドロップが期待できそうだ。

オーストラリアのライブにて発表された「小さなプロジェクト」がリリースされるかどうかは不明なままだが、ミックステープだろうが、アルバムであろうが彼女の作品が直近で聞けることは間違いなさそうだ。

 

Click HERE to more songs and new info of SZA
シザの他の楽曲の和訳・紹介・最新ニュースはこちらをクリック

アーティスト一覧はこちら


 

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved