スクリーンショット 2019-08-23 5.32.52

Vince Staples Youtube

ヴィンス・ステイプルス『The Vince Staples Show』の第一話" So What? "を公開。そのストーリーを読み解く。

AUGUST 23 , 2019

カリフォルニア・ロサンゼルス出身のラッパーVince Staples (ヴィンス・ステイプルス)。

昨年リリースされた『FM!』を含めアルバムのリリース毎にフレッシュなサウンドを届けてくれる彼だが、先日4つのアルバムを共にリリースしてきたレコード・レーベル Def Jam を離れ、Motown Recordsと契約を果たしたとのニュースがあり、今後の動向が注目されていた。

そんな新レーベルと契約を果たした彼が8/20、自身が脚本・演出を務める映像作品『The Vince Staples Show』の発表を1分間のトレイラーと共にアナウンス。

こちらのトレイラーでは、
「スーパーマーケットの前で子供達にお菓子を売らせる男」というキャラクターを演じているヴィンスが
「わかってるだろうが、ビビってる暇はないんだ。」
とさながらドラッグ・ディールのようなアドバイスを子供達に送るという、彼の出身ロサンゼルスのリアルをユーモアを交え表現している。

今回はそんな『The Vince Staples Show』の第一話がドロップされたということで、そのストーリーを解説していきたいと思う。


冒頭、ベッドに横たわる彼にかかってきた電話は彼のマネージャーから。

「オバマ元大統領の長女マリア・オバマの21歳の誕生日を祝うパフォーマンスを披露して欲しい」
との仕事の依頼を受け目覚めるヴィンス。



引越し業者が荷物を家に運び入れているのが見えるので、彼はこの家に最近引っ越してきたのだろう。

マネージャー、引越し業者に髪を切ることを促され ” Katching All Fades barber shop “に出向く。


席に腰をかけイヤホンをつけながら、おしゃべりな店員の接客を受けたあと、彼は「赤い」服を身にまとい、自分を睨む男たち2人と目が合う。


ヴィンスはロサンゼルスのギャングClips (クリップス)と親交が深いとされているので、「赤」をチームカラーとするギャング Bloods (ブラッズ)とは敵対関係にある。

つまりこのシーンで彼は敵対するギャングのメンバーに密室で取り囲まれてしまったわけだ。

そんな時、子どもがヴィンスのつけていたイヤホンを抜き取ってしまい、音楽はダダ漏れの状態に。
この” 音楽 “で彼は明らかにクリップスであることがブラッズの男たちにバレてしまい、バーバーの中でファイトが始まる。


1対3の状況を戦い抜くというアクション映画さながらのシーンは、ヴィンスの華麗なバックフリップで3人を蹴散らすというなんともシュールな結末に。

またこのファイト・シーンの最中には、彼がこの動画と同時にリリースしたニュー・シングル” So What ? “が流れている。


いかがだっただろうか?
映像に流れる独特のシュールな雰囲気はどこかドナルド・グローヴァー (チャイルディッシュ・ガンビーノ) が主演を務める『アトランタ』とイメージが重なる部分が多かったように私は感じた。

トレイラーと同様に、クリップス・ブラッズの構造といった彼の生まれ育ったカリフォルニア・ロサンゼルスのローカルな雰囲気が大いに込められた作品であることは間違いなさそうだ。

第二話のドロップの日程は特に発表されていないが、
http://www.thevincestaplesshow.com “から最新情報をメールでお知らせしてくれるフォームがあるので、真っ先にチェックしたい人は登録してはいかがだろうか。

Click HERE to more songs and new info of Vince Staples
ヴィンス・ステイプルスの他の楽曲の和訳・紹介・最新ニュースはこちらクリック

アーティスト一覧はこちら

 

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved