fredo bang

FLAUNT

バトン・ルージュの新星 Fredo Bang とは
過酷な過去と、最新作『Most Hated』のコンセプトを紹介

APRIL 28 2020

Kevin Gates, Boosie Badazz, NBA Youngboy などを輩出し、サウス・シーンの中でも重要地点ととして挙げられるルイジアナ州の州都バトン・ルージュから新たなスターが現れた。

1996年生まれ、現在24歳のラッパーFredo Bang(フレド・バング)は自身を「秘密主義」な人間であると形容する。確かに彼はインスタグラムなどのソーシャル・メディアに度々顔を見せ話題をさらうタイプでもなければ、インタビューに出演しても、その発言や立ち振る舞いはどこか控えめに見える。ただ、そんな彼はすでに感情や経験のアウトプットを音楽に見出している。

「今は法を守る善良な市民だ」Fredo は語る。殺人未遂と凶器の不正使用から2年半、バッテリー、携帯の盗難から数ヶ月収監されていたラッパーは、収監中に親友のGee Money を2017年に亡くすなど、過酷なストリートに生き、そこで多くを失ってきた。保釈後の2018年にリリースした“ Oouuh ”は現在2000万回以上YouTube で再生されるなどバイラル・ヒットを収め、彼に音楽の世界に進むことを決心させた。勢いの止まらないラッパーは2019年末までに3枚のEP・アルバムをリリース。親交の深いYNW Melly との共演や、Kevin Gatesら地元バトン・ルージュのラッパーを作品に招き入れることで、さらにその知名度と柔軟なラップのスキル、その作品の魅力を広めてきた。

(HIPHOP DX)

4/18にDef Jam Recordings からリリースした最新プロジェクト『Most Hated』は多様なケイデンス、メロディが用いられ、Lil Baby, Moneybags Yo, Tee Grizzly などの各地からスター・ラッパーたちが集った豪華な作品になっている。そんな彼の彼のパーソナリティから最新作についてまでを、FLAUNT , HIPHOP DX, DJ Booth のインタビューを引用し、紹介していこうと思う。

バトン・ルージュではどんな風に育ったの?

本当に過酷な場所なんだ。まさに弱肉強食だよ。だから食物連鎖の頂点に居座らないといけない。

どんな風に?

口を減らし、よく聞くこと。何が今起きているのかに注意すること。

誰に最も大きな影響を受けた?

特定の人はいないかな。子どもの頃はドラゴンボール・Zを見て、ゲームばかりしてたよ。

いつから音楽を本気で志すようになったの?

2018年の5月、刑務所から帰ってきた頃かな。” Oouuh “のアカペラ版をビデオで出したら、1週間や2週間で20万人もフォロワーが増えたんだ。そんなバイラル・ヒットを見て、俺ならいけると思ったね。

親友のGee Money はあなたの収監中に亡くなったんだよね。どんな経験だった?

自分の人生を見直さないといけなかった。これから何をするのか、のをハッキリさせたんだ。その出来事が起きて、全てを諦めようと思ったんだ。彼なしには何一つ活動する想像がつかなかったから。彼はベスト・フレンドで、俺の右腕だった。

あなたはここ数年で、爆発的な人気を手にしてきたよね。今の時点で、こういった人気を手にするのは、あなたとあなたの将来にとってどんな意味がある?

でももっと多くのことをやり残してるから、進歩し続けるよ。

ここまでのラップ・キャリアを振り返って、何を思う?

今までの経験が自分を形造ってきたと思うし、酷い経験をしてきたからこそ、これまでのチャレンジを乗り越えられてきた。死を招かない困難は、人を強くするのみだろ。

あなたは何かの障害にぶつかった経験を、癒しとしての音楽に変換させているよね。あなたのヒップホップへの愛を教えてくれる?

ああ、でもヒップホップだけじゃない。俺は色々なタイプの音楽をしてきた。昔はバンドをやっていたし、だから音楽はいつも俺に愛とパッションを与えてくれる存在だったんだよ。音楽は感情のアートだ。だから音楽を通じて、感情や挑戦を伝えやすいでしょ。俺の作品、そして言葉は全て俺の経験から生まれてる。つまり、音楽はただのゲートウェイだってこと。

偉大なレーベルとの契約について聞くね。彼らが既に持っていない何かを、あなたがもたらすことができるとすれば、それは何だと思う?

そうだな、一つは彼らがバトン・ルージュ、ルイジアナ出身のアーティストを抱えていないこと。俺はもう既にアーバンな音楽を作れているし、俺みたなアーティストは他にいないだろ。俺は目には映らない、リアルなストリートを描いてる。信念や、そういったことをね。そのノーカットverさ。

多くの人があなたの音楽の話をしていて、あなたの株は上がり続けている。でも最新作のタイトルは『Most Hated』- 一番嫌われている。だよね。なんで?

色々な経験をする中で、自分がヘイトを受けていると感じたからだよ。でもヘイトを受けることは裏を返せば、俺のことを知らないとできないことなわけだし。だから俺は真剣に受け取ってるよ。中には俺の作品を聴く前に批判してる人も沢山いると思う。本は表紙で判断するなってこと。腰をかけて、俺の音楽を真剣に聴けば、きっと俺をもっと理解できると思うし、きっと俺のことを好きになってくれるはず。

今回のミックステープのインスピレーションの元は何にあるの?

今回の作品には俺の全ての感情が込められている。だから昔の彼女や、その彼女をどう思っていただとかを書いてあるし、ストリートでの俺の姿も描かれてるよ。色々なアングルから俺を見れると思う。

“ Let Me Tell You (Kiana) ”での感情的な表現について教えて。

ああ、あれは俺が刑務所にいた頃の彼女の話なんだ。自分の中で別れなきゃならない理由があって。だからすごく感情的になってるんだ

サウスはここ20年間のヒップホップ業界を席巻しているよね。それはラッパーたちが団結してるのも理由として挙げられるよね。バトン・ルージュは少し違うように見えるけど、地元のラッパーたちも団結してほしいと思う?

間違いないね。街のみんなが力を合わせるのを見たいよ。けど俺たちのカルチャー、街は元々こうだから、きっと実現しないね。バトン・ルージュは死のトラップなんだ。半分の人はそこに陥ってしまう。理由もわからぬままね。だから他の街のようにはいかないと思う。みんなお互いを見張りあって、嫌いあってる。そうやって育ってきたんだ。

あなたはその限界を広げて、アーティストをまとめあげる存在になりたい?バトン・ルージュは才能溢れるラッパーが沢山いて、アトランタのようなレベルの都心になれる可能性もあるよね。そういった障壁さえなければ。

気にしないかな。トライはしてるだけどね。けど単純な話じゃないから。みんなが俺たち独自の方法でラップをしていて、たとえ才能溢れるラッパーがいても、作品を聴いてもらうためのプラットフォームがないんだ。もしみんなで助け合えたらいいと思うんだけどね。

ヒップホップ業界では、どんなアーティストだと記憶されたい?

俺の音楽、そして俺の性格だけを見てくれ。わかるかな?俺は他とは違うんだ。

ツイッターでは投稿のお知らせだけでなく、ヒップホップ・ニュースやリリース予定など様々な最新情報をお届けしています!

RELATED POSTS

...

LATEST NEWS

FEATURE

LATEST LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved