future

Future

Future が新作『High Off Life』をリリース
Travis Scott との「Solitaires」のリリックを読み解く

May 16, 2020

Future(フューチャー)が2019年にリリースした『SAVE ME』以来となるニュープロジェクト『High Off Life』をリリースした。 

先行公開されていたDrake との「Life Is Good」やLil Durkとの「Last Name」などを含め21曲というボリューミーな新作はTravis Scott, Young Thug, Lil Uzi Vert, Drake らが参加するなど、その豪華なゲスト陣の参加でも話題になった。

“ この厳しい時期だからこそ俺は自分、そして誰かにポジティブなメッセージを届けたい。みんなを元気付けて、みんなに良いムードを手に入れてもらうのさ。”

約1月前に刊行されたXXL によるインタビューで今作に込めたポジティブなメッセージを語っていたFuture。当時はアルバムのタイトルを『Life Is Good』であると明言していたが、『High Off Life』への変更があったようだ。どちらにしてもポジティブで、常にハイな彼の姿勢は変わらない。今回はそんな彼のニュープロジェクトからLa Flame を迎えた一曲の和訳を紹介していこうと思う。ラグジュアリーなライフスタイルを巧みにコロナ・ウイルスなどのワードを用いながらボースティング(自慢)する内容となっている。

[Intro: Future]
(Wheezy outta here)

[Chorus: Travis Scott]
Solitary diamonds, solitary jewels
孤高のダイアモンド 孤高のジュエリー

With a bitch that’s shinin’, lookin’ like the moon
ビッチが身につければ輝き出す、まるで月のように

Said she wanna party, wanna let it loose
彼女はパーティがしたいらしい、奔放にやりたいのさ

Bustin’ out my back room, she ain’t out the loop
俺の秘密の部屋から脱走しても、彼女はループから抜け出せない

It’s jumpin’, let it in (Ooh)
盛り上がってきたな、入れてやれよ

I put it out, they come in (Ooh)
彼女を追い出しても、すぐに他の女がやってくるから
(もしくはフォートナイトのイベントを引用していると思われます。イベントを開催すれば、誰もがゲームに参加する)

[Verse 1: Future & Travis Scott]
Came up off a brick
俺は金で成り上がってきた

Bought a Richard Mille, my new watch don’t tick
Richard Mille を買ったぜ、新しい時計は時間を刻まない
(時間を刻まない = 宝石をつけすぎて、時計の盤が見えないことを比喩してると思われます)

Drippin’ in Louis V, made a movie, and Prada another film
ルイ・ヴィトンに大金を使う、映画を作るんだ。Prada の新しい作品だよ
(2003年に公開された『プラダを着た悪魔』が思い起こされます。彼はPrada を題材にした新たな映画作品を作りたいんでしょう)

It’s the Don Dada, I stand this Lamborghini on one wheel
まるでDon Dada、俺はこのランボルギーニに乗って
(Don Dada = Don, Daddy など裕福な男性像を表す言葉)

Twelve o’clock, and I got my gun clocked, and I’m on one pill
12時になれば、俺はハイになったまま銃に弾を込める
(Twelve O’clock = 前述の「One Wheel」のラインから。ウィーリーを披露するバルチモアのバイク・クルー「Twelve O’Clock Boys」を彷彿とさせます。また「Clock」というワードは「Glock – ハンドガン」と音が似ています)

Monday all the way to Sunday, pick a time to drill
月曜から日曜まで ドリルする時間を探し出し

Gettin’ my lettuce, I’m gettin’ my paper, I’m gettin’ my trees (Woo, woo)
レタス(金)を手にれるのさ、ペーパー(金)をな、ツリー(草)を手にいれる

One thousand percent, keep it one thousand with me (Woo, woo, yeah)
俺には正直でいてくれよ

Started with my squad, so I can’t chill
仲間と共に歩み始めた、だからチルしてもいられないのさ

Money over bitches, gotta play the field
ビッチよりも金が大事だが、どっちも弄んでやるよ

Coronavirus diamonds, you can catch the flu
コロナ・ウイルス・ダイアモンド、お前もインフルをゲットできるさ
(宝石のことを「Cold」など「冷たい」単語で表すことから。Cold には風邪という意味もありますので、派生してコロナ・ウイルス、インフルエンザをゲットする = 宝石を手に入れるとなります)

Trap in bandos, walk in Jimmy Choo
麻薬小屋で売りさばく、Jimmy Choo を履いて登場

Solitaries made a rockstar too (Ooh)
孤高はロックスターを生んだのさ

Solitary diamonds, I can show proof (Ooh)
孤高のダイアモンド、証拠なら見せられるぜ

That these bitches on me just like a pop group
ビッチたちは俺に夢中 俺はまるでアイドルか

I got racks on my mind and I can’t lose (Yeah)
俺は金に夢中だし、負けを知らないのさ

And I got solitary diamonds, solitary jewels
孤高のダイアモンド、孤高のジュエリーを手にいれた

Watches full of baguettes, pockets full of blue (Yeah)
時計は宝石で敷き詰められてる、ポケットは100ドル札でいっぱいさ
(Blue = 100$札の印刷が青色であることから)

Solitary diamonds, solitary jewels
孤高のダイアモンド、孤高のジュエリー

Girls gettin’ naked in my swimming pool (Yeah)
女たちはうちのプールで裸になってる

I wanna take care you and your friends (Yeah)
君も君のツレも養ってあげるよ


[Refrain: Travis Scott]
Ooh
I put it out, they come in
あの女を追い出しても、他の女たちが寄ってくる

Ooh (It’s lit)

Radical decisions what we always choose
俺らが選ぶのはいつもぶっ飛んだ選択肢

All the dogs is hungry and they sellin’ food (Yeah)
野郎どもは飢え、あいつらは餌を与えてる

Every time we do it, tend to hit the news
俺たちは動くたびにニュースになるんだ

I don’t want it if it’s stiff or if that pussy loose
堅苦しいのも、緩すぎるのも嫌だね

Runnin’, know they gunnin’ ‘cause I got the juice
俺がJuiceを手に入れたからって、あいつらは追いつこうと必死に走ってる
(Juice = ストリートでの尊敬)

I been thuggin’ since a youngin, brought that work to school
俺は幼い頃からサグなのさ、学校でもブツを売りさばいて

Floodin’ all the hundreds, we done broke the pool
100$札で洪水を起こす、プール(貯金箱)はもう壊れちまった

All this money bring the power, I didn’t make the rules (Let’s go)
この金が力をもたらしてくれる、俺はルールなんて作ってないぜ

[Verse 2: Future & Travis Scott]
Sipping on codeine got my screws loose
コデインを飲めば、頭のネジが外れ

Making all this money got my screws loose (Yeah)
稼いだ金で、頭のネジは外れ

Ridin’ Lamborgini made her pussy juicy
ランボルギーニに乗れば、彼女のプッシーもジューシーに

Grippin’ on the wheel, playin’ in her pussy
ハンドルを掴み、プッシーの中で楽しみ

Diamonds on my neck been going crazy
首に下げたダイアモンドはクレイジーなほど輝いて

I think I need to see a psychiatrist (Ooh)
精神科医に診てもらわないといけないかも

Living in the streets and the gutter raised me
ストリートと底辺での生活が俺を育んだ

I know how to sell narcotics (Yeah)
ナルコティクス(麻薬)を売る方法は心得てる

[Verse 3: Travis Scott]
When they let us off of lock’, man, we gon’ make that shit pop
鍵を外しても良いなら、俺たちはやってやるぜ
(自宅から出られない状況が終わったなら)

Been humpin’ wifey for so long, she got a limp when she walk
イケてる彼女と長いこと付き合ってきた、彼女は千鳥足になってたよ
(カイリー・ジェンナーのこと。彼女が千鳥足になる理由はTravis が“ 激しい “からですね)

Got seven drops in four spots, I get to pick where I live
4箇所で7つをドロップ、近所のやつを手に入れに行く
(何がドロップされるかは明記されていませんが、スニーカーや音楽のことでしょうか)

In the back they playin’ twinsies like a Hugh Hefner zoo
後ろではTwinsies(双子)と遊んでる、まるでHugh Hefner の動物園だ
(Hugh Heifer は雑誌プレイボーイの発刊者。双子の女性たちと交際してきた過去があります)

On my teeth, these diamonds twinkle, in her legs a jacuzzi
俺の歯にはダイアモンドが輝いてる、彼女の足はジャグジーに

I be tweakin’ every day, I got some screws missin’
俺は毎日ハイだぜ、ネジを何個か無くしちまった

I keep an Air Max pump on me, no, not my 270s (Yeah)
Air Max が俺をパンプし続ける、いや俺の270s じゃなくてさ
(Travis Scott と Air Max 270 はコラボモデルをリリースしています)

And they know just where I be, it’s like I’m 713 (Yeah)
みんな俺の居場所はわかってんだろ、713にいるみたいなものさ
(713 は彼の実家テキサス・ヒューストンのエリア・コード)

Havin’ money on this side is not the conversation (Yeah, yeah)
ここでの金持ちなんて話にならないね

Solitary diamonds for my dawg inside, he waited, yeah (Straight up)
孤高のダイアモンドは内(刑務所)にいる仲間のため。あいつは待ってたんだ

[Chorus: Travis Scott & Future]
Solitary diamonds, solitary jewels
孤高のダイアモンド 孤高のジュエリー

With a bitch that’s shinin’, lookin’ like the moon
ビッチが身につければ輝き出す、まるで月のように

Said she wanna party, wanna let it loose
彼女はパーティがしたいらしい、奔放にやりたいのさ

Bustin’ out my back room, she ain’t out the loop
秘密の部屋から脱走しても、彼女はループから抜け出せない

It’s jumpin’, let it in (Ooh)
盛り上がってきたな、入れてやれよ

I put it out, they come in (Ooh)
彼女を追い出しても、すぐに他の女がやってくる

RELATED POSTS

LATEST NEWS

FEATURE

LATEST LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved