Medhane Cold Water

Twitter : Medhane

Medhane は『Cold Water』で痛みを受け入れ、今までにない力強さを見せる

June 14, 2020

NY・ブルックリン出身、現在23歳のラッパーMedhane は大学を卒業し、今その才能を100%音楽に注いでいる。ストレスなく連なる言葉の数々は、流動感を全身に感じさせ、その叙情的な世界と価値観、世界観を映し出している。

シカゴ出身のシンガーkeiyaA、Supremeのライダーとしても活動するラッパーNavy Blue(Sage Elsessor)、UKのラッパーJadasea、LAを拠点に活動するMaxo など彼の作風にも共通する豪華ゲストを迎え、5月26日にリリースした『Cold Water』は、『Own Pace』『FULL CIRCLE』とここ1年間で作り上げてきた3部作を完結させるスタジオ・アルバムになっている。

ブルックリン出身のラッパーは今作『Cold Water』にどんな想いを込め、自身の作品についてどのように考えているのだろうか。ComplexDJ Booth のインタビューを抜粋しながら、紹介していこうと思う。

ALBUM ARTWORK

“ 俺のお気に入りのアーティストの一人がFuture なんだ。彼の制作に対する意識はクレイジーだからね。俺は『Ba Suba / Ak Jamn』をリリースしたあと、6ヶ月も音楽をリリースしていなかった。それにかなり反省してね。だから自分を奮い立たせた。Future が『Monstar』『Beast Mode』『56 Nights』を立て続けにリリースし、世界を驚かせたようにね。- Complex ”

“ Future と俺の音楽は同じじゃない。でも俺は彼のフォーマットを取り入れようとしているんだ。- DJ Booth ”

彼の音楽を聴いてFuture の姿を思い浮かべる人はおそらくいないが、彼はFuture がリリースしてきたミックステープ3作のリリース・モデルを踏襲し、1年間という短いスパンでリリースを行なってきた。

そんな彼の過去作を振り返れば、その音楽において特徴的なのは自身のメンタル・ヘルスの巧みな描写だ。サウンドも相まって、そのリリックは彼の頭の中で何が起きているのかをリスナーに巡らせる。

なぜメンタル・ヘルスをラップで語れると思ったの?気づいたきっかけは?

『Ready to Die』(Notorious B.I.G.)かな。「Suicidal Thoughts」はクレイジーだよ。それかMobb Deep だね!Mobb Deep はメンタル・ヘルスをトピックにしてた。「Drink Away the Pain」とかはアルコール中毒をテーマにしてるしさ。Pop Smoke の「PTSD」、Earl Sweatshirt の「Solace」、Tyler, The Creator『Bastard』にも影響を受けてるよ。Polo G や G Herbo、Juice WRLD だって同じことをしてるのに気づいていない人が多いよね。勿論Future も!まさに「痛みの音楽」だよ。

特にFuture の音楽のルーツは、感情にどこまでもシリアスなことだよね。

その通りだよ。それこそが彼の作品を良いものにしてる。リアルだからこそだ。- Complex ”

彼は以上のようなアーティストに影響を受けながら、メンタル・ヘルスをラップに乗せ、明らかにする自身の音楽性を確立してきた。リリースされたばかりの新作『Cold Water』において注目すべきは、彼の特徴でもあったメンタル・ヘルス、特に精神的な傷やトラウマ、葛藤のようなテーマの表現だけではなく、それらを受け入れた彼の「力強さ」が表現されていたことだった。例えば、収録曲「Na Fr」で彼はこう語る。

“ 俺が幼い頃、おしゃべりだったのは
人に何かを伝えるよう教え込まれたから
俺の魂はクリーン
チップス(Chips)とサワークリーム(Cream)をくれよ
(どちらも金を意味するスラング)
大文字で言葉を綴る
物事がより良くなるように – Na Fr ”

痛みを受け入れ、前を向く彼のメンタルにおける変化がリリックからは見えるだろう。彼は3部作制作中に自身に起きた変化を以下のように明かしている。

“ 『Own Pace』は俺に何かが起こった場所だった。『FULL CIRCLE』は自分の足元を見つけ、自分の頭の中をサウンドに描き出した作品。そして『Cold Water』は実際、俺がメンタル・ヘルスや自分の憂鬱な気持ちに苦悩し、それらを受け入れたことを語ってるんだ。- DJ Booth ”

“ 『Cold Water』は自分の感情により深く入り込んでいるし、ラップのレベルも上がってる。過去2作よりハードにラップが出来ていると思うよ。イメージと類音、中間韻を用いることを意識したね。今回はより多くの主張したい物事があったんだ。- DJ Booth ”

「普通の会話では伝えることのできない本音を、音楽では全て説明することができた」Medhane はDJ Booth によるインタビューでそう語る。彼は自身の感情を音楽で露わにできることを自覚しているが、彼が他のラッパーと比べ際立っているのは、その正直さだけでなく、余計なものが削ぎ落とされた美しい簡潔で端的な表現だ。

MAVI やNavy Blue、Earl Sweatshirt などに代表される音数の少ない、暗い雰囲気に包まれたビートの上で、淡々と言葉を連ねるスタイルの人気が高まっているが、Medhane のニューアルバム『Cold Water』にはEarl Sweatshirt のような、ある種の不気味さと混沌のようなものは感じず、むしろ祝福のようなポジティブな光が導かれるように仕上がっている。過去の2作からラップ、そして精神的な成長、変化が存分に表現された最新作はリリースされたばかり。NY・ブルックリンの新たな才能による力強く、美しい一作を是非チェックして欲しい。

Credit

Writer : Shinya Yamazaki

Owner of SUBLYRICS

RELATED POSTS

FEATURE

LATEST LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved