Lil Keed

Complex

「とにかく成長した自分を表現したかった」| Lil Keedがシリーズ最終章『Trapped On Cleveland 3』で見せる変化

August 14, 2020

若手ラッパーの登竜門として、世界中のヘッズたちから注目を浴びるXXL誌の「Freshman Class 2020」が発表された。シカゴのPolo G、ニューヨークのLil Tjay、LA(生まれはラス・ベガス)からBaby Keem など、次世代のラップ・シーンを代表するアーティストたちの中で、アトランタのLil Keed は彼らと同等、もしくはそれ以上の輝きを放っている。

XXL

同じブロックで育ったアトランタのレジェンド Young Thug 率いる YSL に所属するラッパーは、その制作スピードをもってして、たった3年で誰もが目を見張るサクセス・ストーリーを描いてきた。

そんな彼のセカンド・アルバム『Trapped on Cleveland 3』はシリーズ前作『Trapped on Cleveland 2』から2年、デビュー・アルバムのリリースから、ちょうど1年ほどの期間を空けて公開されたわけだが、数ヶ月、長くとも半年単位で作品を披露してきた過去のスパンに比べれば、今作は比較的時間をかけて制作・リリースされた作品であると言えるだろう。

“ 今までの2つのアルバムはただのミックステープに過ぎなくて、今回のリリース作が本当の意味でアルバムなんだ。”

新作のリリースに合わせ、掲載されたComplexによるインタビューで彼は、セカンド・アルバムに時間をかけた理由、過去作品からの変化、将来のビジョン、Young Thug から得た学びなど、今の心境を語ってくれたので、抜粋し紹介していこうと思う。彼の魅力である「ありのままの思いを言葉にする」というメンタリティと、自分自身の才能を疑うことのない自信が一層伝わってくる内容になっている。

―シリーズの前作『Trapped On Cleveland 2』のリリースは2018年だったね。どうして今回のリリースまで2年かかったんだ?

Lil Keed:今までの『Trapped on Cleveland』シリーズのアルバムを聴いてたら分かると思うけど、俺はどんどん成長してる。だから、今までの2つのアルバムはただのミックステープに過ぎなくて、今回のリリース作が本当の意味でアルバムなんだ。前作2つをリリースしてる時期は、今ほど大人になれてなかった。ただその時に知っていたことを曲に表現してただけなんだよ。今君たちが前作2つのアルバムを聴けば、ワードのチョイスやバースの作り方が今ほど成長してないって分かると思う。今回のリリースが『Trapped on Cleveland』シリーズで最後だから、とにかく成長した自分を表現したかったんだ。皆を俺の世界に引き込んで、俺が経験したことや俺の人生もすべて分からせるよ。

―ここ数年どうやって成長したのかについて、もう少し教えてくれる?

L:昔の俺はダーティなフレーズをたくさん使うただのよくいるラッパーだった。だってみんながそんなフレーズを聴きたがってたから。俺はストリートや自分の周りで起こったことをそのまま歌ってたんだ。でも今はそんなやり方はやめて、なんでクリーブランドにずっといたのかををただ皆に伝えてるんだ。やり方を変えることが俺や家族のためになるとも思ったからな。

―このアルバムの最終的なゴールは?

L:俺の初めてのプラチナ・アルバムになることだね。まあ絶対プラチナ・アルバムになると思うけど。

 ―レコーディングはどうやって行った?

L:レコーディングは今までにないやり方だった。家にスタジオを作ったから、昔みたいに大きなスタジオを使ってないんだ。全曲俺の家でレコードしたよ。そのおかげでリラックスしてレコーディングできたし、他のスタジオに行って昔の自分も思い出さなくてすんだね。アトランタのスタジオにはいろんな思い出があるから、家は今の俺にとっていい環境だった。変なことを思い出さなくてすむし、リラックスできるし、自分の部屋の隣でレコードできてすぐ寝れる。酒も飲めるし酔ってだらしない姿を見せることもない。俺の空間で、俺のゾーンにいれることが良かったな。レコーディングの方法が変わったことは、今回のアルバムで大きかったと思うよ。

―レコーディングのスタイルについては?アルバムのために何曲もレコードした?

L:その日によるな。気分が良ければ一晩で5,6曲レコードしたけど。それで次の日はレコードしないで、前日にレコードした曲を聴くだけ。曲はたくさん作ったな。1つ1つの曲で俺がクリーブランドにいた理由を歌っていて、その中から自分たちでアルバムの曲をチョイスしたんだ。俺とG-OGeoff Ogunlesi300曲の中から、一連のストーリーがきれいにはまるようにね。最高だと思う。

―話題になりそうな曲はあるかい?

L:全部だな。どれか1つなんて選べない。全部好きだし、全部最高。でもファンのみんなが注目しそうな曲なら分かるよ。「Heartbreaker」だ。この曲の中で俺は自分を「失恋した子ども」って呼んでる。君たちは失恋したことがあるかもしれないし、女の子にそんな思いをさせた奴もいるかもな。この曲の中では、女の子を傷つけてしまうことについて語ってる。おれが女の子にそうさせてしまったから。傷つけたかったわけではないけど、傷つけてしまった。だからこの曲で歌ってることは皆が体験して、感じることかもしれないなんだ。誰かに傷つけられたことがある奴にとっては、心を揺さぶられる曲だと思うよ。

―ファンにはこのアルバムから何を感じ取ってもらいたい?

L:皆には、何をしててもどんなシチュエーションでも、辛抱強く続ければ何でもやり遂げられるってこと。君たちが何をやっているかは分からないけど、強いマインドを持ってたくさんの時間を注ぎ続ければ、絶対に何事も叶うと思ってる。お前たちがやりたいことと神が決めたことだけは、誰も止められない。他人の言うことなんて気にせずにやり続ければいいんだよ。お前ららしくいろ。このアルバムは俺らしく表現してる。俺は誰の言うことも気にしない。お前らはこのアルバムを聴くかもしれないし聴かないかもしれない。でもただそれだけのことだから。

―YSLは最近かなりきてるね。誰と一番相性が良いんだ?

L:Thugだな。

―どうして?

L:めっちゃ良い奴だから。彼は本当に純粋な心を持ってるよ。俺たちにたくさんのことを教えてくれるし、しょうもないリリックを歌わない。ほとんどの人は他人も皆仲間だって言ってるけど、結局他人のことを本気で救おうなんてしない。でも彼は本気で救おうとするんだ。だから俺は彼が大好きなんだ。彼といる時はいつだって最高だよ。

―最近は彼からどんなことを学んだんだい?

L:お金の節約かな(笑)。金銭面で悩まないようにすること。本当に必要でないものでも、お金があるからつい買っちゃうってことがあるだろ?彼も昔そうだったらしくて、ゆっくり使うようにしろって教えてくれたんだ。ただ金をばらまくだけでは何も生まないし、あとで絶対必要な時が来るからってね。

―ショートフィルムはどんな役割なんだ?皆が知っておくべきことは?

L:曲を理解するためのものだから、絶対曲を聴く前に観てほしい。このショートフィルムでは俺の1日の生活を撮ってるんだ。どうやって朝起きるか、スタジオに行く前に何をするかとか、クラブでビリヤードをしたり金をたくさん使ったり。これを観た後に曲を聴けば、「ああ、あいつはこのことを言ってたんだ」って理解できるようになると思うよ。俺はそれをヴィジュアルとして提供してるだけ。娘とのフォトショットもあるよ。やばいでしょ。

―アルバムの中でファンへのサプライズはあるかい?

L:たぶん俺の音楽へのバイブスかな。これは変わってると思う。どんな環境にいるかでみんな変化するものだしな。俺は俺らしくやっただけ。パッションをそのまま注ぐ今回のやり方は好きだよ。そのままの俺を表現してるからこそ、皆引き込まれるだろうしね。演技じゃなくて自然体の俺を好きになってくれると思うよ。他のラッパー達は演じてるだけ。おれはそんなことしない。俺はファンの声もしっかり聞くよ。

―次のアルバムについてもう何かプランはあるかい?

L:そうだね、もう動き始めてるよ。ちょうど昨日からかな。効率的にやってて、一生懸命やってるって感じじゃないけど。昨日はもともと『Trapped on Clevelandのために作った曲を作り直したんだ。実は今までのアルバム全部もう一度練り直して作ったりしてて、こういう曲は今回のアルバムに入ってない。だいたいは2,3か月の自粛期間中にやったよ。

6月にはインスタグラムでDrake(ドレイク)との写真を載せてたね。

L:そうだね、俺がLAにいる期間で、彼が俺のショーに来てくれたんだ。

―どうだった?

L:俺のインスタにコメントしてきたね。こういうやり取りをしたのは初めてだったな。

―コラボについては何か話したの?

L:もちろん話したけど、ちゃんと相談したってわけではないかな。「何か一緒にやろうよ」「いいね」ぐらい。よくある会話だよ。音楽についてはあんまり話してない。

 ―ツイッターではLil Gotit とのコラボについても言っていたけど、あれは本当なの?

L:ああ本当だ。

ーじゃあもう始めてるのか?

L:ああ、2,3年前には曲を作ったよ。この時に製作した曲はたぶんリリースしないけど、また新しい曲を作りたいと思ってる。新しい俺たちのね。

―君たちが本当の兄弟だってあんまり知られてないよね(笑)

L:皆嘘ついてると思ってるからな(笑)。でも俺たちの親は一緒だよ。子供の頃の俺たちの写真をアップしても皆「嘘だ」って言うんだ。「じゃあもう何を見せればいい?」って思うよ(笑)。

―同じ業界で兄弟が働いるのにはどう感じてる?お互いから学んだことや頼りになったことはある?

L:あいつは他人のことなんてまったく気にしない。このことから俺はたくさんのことを学んだかな。昔の俺は「皆が考えないようなことはしたくない」って思ってたんだけど、あいつは「他人なんてクソだ。お前がやりたいと思ったことをやれ」って。あいつは他人の考えなんて気にしないんだ。俺が「似たようなことをやるような人間にはなりたくない」って言うようになったら今度は「じゃあそれで?お前は大事なことに気づいた。じゃあ次は何をすべきか考え続けろ」って。俺はあいつからたくさんのことを学んだし、自信にもなったね。

ステージのパフォーマンスについては、俺のが上手いと思ってる。あいつはそんなにたくさんライブをやってないからね。俺は小さい頃から路上でもマイクを持ってやってきた。だから俺はステージでパフォーマンスをしたり観客の心を掴むのが得意なんだ。ライブが再開すれば、あいつは大きなステージにも立てる。 Rolling Loudのステージも経験したけど、まだあいつは緊張してたからな。俺はあいつよりいろんな人とコミュニケーションを取ってるから緊張しないけど。あいつは自分の周りの奴としかつるもうとしない。大人数で出歩くのがあんまり好きじゃないんだ。俺は好きだけどね。たくさん刺激をもらえるし。

―今ファンに一番知っておいてもらいたいことは?

L:一番知ってほしいことは、俺は全部、娘のために何もかもをやってるってこと。もう知ってるかもしれないけど。娘とはいつも一緒にいて、俺の生活の一部なんだ。今日ももう少しで娘の学校が終わる時間だから、迎えに行こうと思ってる(笑)。あと大事なのは、やっぱり両親と家族だね。全員ではなかなか出掛けれないけど、よく一緒に出掛けたりするよ。あとは、ファンの皆だよ。何日か前にはファン何人かと湖に行って気分転換してたね。

Credit

Writer : Mizuki Yoshida 
Edited by SUBLYRICS

RELATED POSTS

NEWS

FEATURE

LATEST LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved