Sacrifices (Feat. Smino & Saba) - Dreamville , EARTHGANG & J.Cole

Album : Revenge of the Dreamers Ⅲ
Track : 18
Year : 2019
Produced by : Henny (Tha Bizness) & Groove

J.Cole (J.コール)が2007年に設立したレーベル、Dreamville(ドリームヴィル)。
2014年、2015年にレーベル名義でリリースしたアルバム『Revenge of the Dremers Ⅰ, Ⅱ』の続作である今作『Revenge of the Dreamers Ⅲ』では、レーベル所属のアーティストだけでなく、34名のアーティスト、27名のプロデューサーを迎え、10日間で完成させた豪華なコンピレーション・アルバム。

合計60名ほどのゲストを迎えた、レコーディングの風景は、こちらのドキュメンタリーに映し出されています。

今回紹介するのはアルバムの最後の楽曲” Sacrifices “。
ドリームヴィルから、EARTHGANG (アースギャング)、J.コール。
シカゴからSmino (スミノ)、Saba (サバ)が参加した作品になっています。

[Intro: Johnny Venus]
Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah, yeah

[Verse 1: Johnny Venus]
That nigga back from the dead, yeah
死の淵から舞い戻って来た男があそこに、エイ

I don’t know, I don’t know, I don’t know
俺にはわからない、俺にはわからないよ

Nigga almost lost his head, yeah
そいつはもう頭がおかしくなりそうなんだ、エイ

Try to run, try to fly, try to float
走って、ここから飛び立って、なんとか浮き上がろうとしてる

Candles on top of the dresser
ドレッサーの上にはロウソクが立っていて

Baby, you down, need to bless up
ベイビー、君は神のご加護を求めひざまずいてる

Better watch how you address us
だから君が俺たちにかける言葉に、きちんと耳を済まさないとな

Playing no games, no dress-up
ゲームなんてしないし、着飾る必要もないんだ

I got an idea
俺に考えがある

Let’s shoot Wild ‘N Out in my hood, talkin’ right here
俺の地元で好き勝手にぶっ放すのさ、俺の言う通りにさ

Academy Award nominated performance, yeah
アカデミー・アワードにノミネートされるパフォーマンスさ、エイ

Let the AK spray straight for four minutes, yeah
AKを4分間発砲しまくってさ、エイ
(AK = アサルトライフルの名称)

That’s a monologue, talking to the fog, fuck an ordinance, yeah
これじゃ一人芝居だな、濃い霧に語りかけるよ。観客なんて知らねえな、エイ

[Chorus: Johnny Venus]
I make sacrifices, bloody sacrifices
俺は犠牲を何度も生み出した、血にまみれた犠牲を

Cutthroat, rabbit’s toe, I suppose
喉を掻っ切って、うさぎのつま先のように
(” うさぎのつま先 ” は不思議な力が宿るとされたお守りの一種。生命のシンボルとされてますので、喉を掻っ切って犠牲を生みながら生きて来た自分自身を表しているのではないでしょうか)

Maybe that’s what life is
人生ってそんなものなのかもな

[Verse 2: Johnny Venus]
Ayy, man, cavemen
エイ、なぁそこの原始人

Two drinks, cave in
2杯飲めば、もうくたばるよ

Few blunts, ease up
ほんの少し吸えば、気持ちが楽になる
(” blunt ” はマリファナのことですね)

Ooh yeah, please up
あぁ、頼むよ

Who cares? Who there?
誰が気にする?誰がいてくれるんだい?

Do what? Wake up
どうする?目を覚まして

The hell, heaven
地獄、そして天国を

We want, heads up
俺たちは求めてる、頭をあげて

Hey you, yeah, you
なぁお前、なぁ君だよ

Mother fuck, brother fuck
クソ、クソ野郎
(” motherfucker ” の” mother “の部分を置き換えて同じように用いています)

Sister fuck, family fuck
クソ、クソ野郎

The system, get some
システムばかりが得をしていく

Hey you, day two
ヘイ君、2日目には

Yeah, you, you, you
エイ、君さ、そこの君だよ

You a vege’, do the dance
君はベジタリアン、ダンスを踊って

Table, get low
テーブルで腰を降って

Chopped cheese, knot knees
チョップド・チーズ、ガクガク震える脚

Boy, please, whatever
ボーイ、頼むよ、なんでもさ

You next, to death
君が次に死ぬ番みたいなんだ

To go, ooh, oh
君が行かないと

Who’s that? Ring ring
誰が来たんだ?リン・リンとベルが鳴る

Your number, bling bling
君の番号からだ、リン・リン

Call it up, chalk it up
電話をかけるんだ、俺のせいさ

Move over
しかもさ…

[Chorus: Johnny Venus]
I make sacrifices, bloody sacrifices
俺は犠牲を産んできた、血にまみれた犠牲を

Cutthroat, rabbit’s toe, I suppose
喉を掻っ切ってさ、うさぎのつま先のように

[Verse 3: Smino]
See a nigga in all red from the North with the pole
真っ赤に身を包んで、北の端からやって来た男を見つめてる

It ain’t Santa Claus
サンタ・クロースじゃないだろうし

Brought my gifts to Atlanta, I’m Atlanta Claus
俺はアトランタからプレゼントを持って来たよ、アトランタ・クロースだね

I can smell you pussy with the panties off, I
君の下着を脱がせて、アソコの匂いを嗅ぐ

Been gettin’ to the bread, tryna keep this shit low
金に手を伸ばして来た、それを隠そうと必死になって

But it ain’t workin’, my
でも何もかも上手くは行かないよな

Circle on fire like a circus now
サーカスみたいに、炎が円の形になってる

Around the same niggas I been around, so
いつも同じ仲間たちに囲まれてさ、なぁ

Of course I (Of course I), endorse my (Endorse my)
もちろん俺はさ、自分に自信を持ってるけど

Ratchet ass nigga from the North Side (North Side)
俺はノース・サイド出身のガラクタ野郎なんだ (ノース・サイド)
(彼はシカゴ出身ですね)

It’s astigmatism, you got poor sight (Poor sight)
乱視みたいだよ、「貧乏」が視界にチラつくんだ (プア・サイト)

Let the bitches forget it, I do it Alzheim’
ビッチたちには忘れさせるのさ、アルツハイムをやってやる
(アルツハイマー病を引用)

Of course I (Of course I), gotta voice my (Voice my)
もちろん俺はさ、自分の思いを声にしないと

Opinion on that ass when you walk past
君がいなくなっても、何にでも意見は付いてくるから

(On bro, that shit groovy, ayy)
(おいブラザー、あの曲イケてるな、エイ)

Niggas pull strings like a guitar, guitar
あいつらが裏で手を回す、まるでギターのように
(” string ” の2つの意味でかけています)

G-Star jeans on my sneakers
スニーカーに、G-Starのジーンズ
(G-star rawはブランド名ですね)

I’m a real soulful nigga, collard greens inside your speakers (Yeah, yeah)
俺はリアルでソウルフルな男さ、お前のスピーカーの内側にカラードグリーンを詰めてやる
(カラードグリーンはアメリカの家庭料理。その料理の素晴らしさから、自身の音楽の素晴らしさを訴えています)

Ferguson days on Castro, wasn’t no cash flow
カストロで起こったファーガソン事件には、なんの金の流れもなかった
(ファーガソン事件はアメリカで2014年起こった、白人警官によって非武装の黒人が射殺された事件。アメリカ中で大きな論争を生みました)

But I’m good for the arch, I’m Dr. Scholl’s
でも建築は得意だぜ、まるでDr.Schollみたいにな
(Dr. Schollはミズーリ州セントルイスのゲートウェイ・アーチを建てたことでも有名な建築家)

I’m good for your heart, let me snatch your soul, soul, soul
君の心にも良い存在さ、君のソウルを奪わせてくれよ

[Chorus: Johnny Venus]
Bloody sacrifices
血にまみれた犠牲たち

[Verse 4: Saba]
Yeah, ayy
エイ

Look at what a motherfucker do for the cash intake
金のためにクソ野郎たちがやってることを見てみろよ

They’ll be right across your head like it’s Ash Wednesday
まるで灰の水曜日のように、彼らが君の頭をよぎるんだ
(” 灰の水曜日 “はカトリック教会の儀式。水曜日の礼拝で信者が額に灰の十字を塗りつける)

You got to just get off your ass like your ass is fake
もうあんな奴ら放っておけよ、フェイクみたいだろ

You can’t sit, and if we ain’t siblings, then I can’t relate
お前には座れない、もし俺らが兄弟じゃなかったら比較はできないだろ
(映画『Mean Girls』から。” You Can’t Sit With Us “という名言があるそう)

To they shit, I’m Asic, I run shit, I got it jumpin’ like pump fake
クソなあいつらに送るよ、俺はアシックス、走って、高くジャンプする、まるでパンプ・フェイクだよ
(アシックスはシューズ・ブランドですね。パンプ・フェイクはバスケのトリック名)

I don’t need nothing but one take
俺ならワンチャンスさえあれば大丈夫さ

I’m from the part of the city where young nigga keep him a nine like one plus eight
俺はあの街の端から来たんだ、そこじゃ若者たちは9を持ってなきゃならない
(サバはシカゴのオースティン出身ですね。” 9 ” とは9mm銃のこと)

Our politician a fuckface
俺らの街の政治家は腐った顔をして

Corrupt like a Dogg Pound Gangsta
” Dogg Pound Gangsta “みたいに腐敗しきってる
(KurruptとDaz Dillingerのユニット” Dogg Pound “の曲名ですね。いかにリーダーが腐っているかを語っています)

We duel like a small town wager
俺たちで勝負をつけるんだ、まるで小さな街の賭け事みたいに

How I’m the dropout major
俺は「中退」学部の専攻だぜ
(サバはコロンビア・カレッジに通っていましたが中退しています)

Success stories, I favor
サクセス・ストーリーだね、俺は

Used to cover my scars, out here tryna cover The Fader
自分の傷を隠そうとして来た、Fader紙の表紙を飾りたくて

Yeah, Pro Tools, knobs, and the faders
エイ、Pro Tools、ノブにフェーダーを使って
(音楽の製作ツールのことです。ノブ、フェーダーはその音楽ツールの機能)

Tell pigs as-salamu alaykum
あいつら豚に伝えるよ「あなたに平穏あれ」って
(” 豚 “とはおそらく警察のことでしょう。” as-salamu alaykum “はアラビアの言葉)

You ain’t ‘bout static like AM radio, ain’t even play him
AMラジオみたいに静かにしてられないよな、音楽もかからないし

I put my heart and my all in my art, I’m alternate
俺は自分の心と全てをアートに注ぎ込む、代弁者なんだ

All of them are the same, it’s harder to tell ‘em apart some days
みんな一つのものなんだ、別々に切り離すのが難しくなるよ

I thought I’d call ‘em out altogether
全てを呼び起こそうと思ってたんだ

Rather than waste the amount of bars it’ll take for me to call ‘em out by name
俺の名前を呼び叫ばせるような、そんなリリックを無駄にしてしまうよりも

Caught a glimpse of the alternate world I’ve introduced to you
別世界を君たちに一目見せてあげるよ

Via the studio, got ‘em studying our mixtapes
スタジオを通してね、俺たちのミックステープがみんなの教科書になる

I’m from the hood like my mama, put that on my mama
俺もママと同じようにフッド出身さ、ママのおかげだよ

I lay the law down like parliament, all just with a pen and page
議会みたいに法律を制定するよ、このペンとノートだけでね

[Chorus: Johnny Venus]
I make sacrifices, bloody sacrifices
俺は犠牲を産んで来た、血にまみれた犠牲を

[Verse 5: J. Cole]
You can’t be everything to everybody
みんなに好かれるなんて無理だろうけど

I wanna be your lover, your best friend
俺は君の恋人に、親友になりたいんだ

Your Batman, Spider-Man
君のバットマンや、スパイダーマンに

Fighter pilot shooting down your rivals and
君の敵を撃ち落とすようなパイロットにさ

I wanna damn near kill you to be the one that heal you up
君の傷を癒すために、君を殺してしまいたくなったよ

I wanna be the one that feel you up
一緒にいれば気分が良くなる、そんな存在でいたいんだ

On nights when you need good dick to cheer you up
夜、君が楽しくなるほど最高のアソコを求めるならね

I wanna be the one to build you up
君が立ち上がるのを支えたいんだ

A wall worth five billion bucks to keep out the rah-rah
5億ドルもする壁を建てれば、周りの声が聞こえないだろ
(ドナルド・トランプがメキシコとの国境間に建てると宣言した壁を彷彿とさせます)

And the blah-blah-blah so nobody try to steal your thunder
そうすれば、誰も君の”  雷 “を奪おうとはしないから

Pull you under
君を騙そうともしないし

Toss my hopes out, Royal Rumble
このリングから落としてやる、ロイヤル・ランブルのように
(ロイヤル・ランブルはアメリカのプロレス団体のWWEが主宰するプロレス興行)

We done moved out to the boondocks
もう俺たちは” boondocks ” の世界に移り住んで
(” ブーンドックス “はアメリカのテレビアニメ。アメリカの文化・人権問題を社会的に風刺する内容が話題になりました)

Built a big house, there he wonders
でけえ家を建てるんだ、あちこちを歩き回る

How somewhere along the way
色々なところを行き来してるのさ

He went from Huey to Eddie Wuncler
それもHueyからEddie Wunclerまでね
(” Huey Freeman “、” Eddie Wuncler “はどちらもブーンドックスの登場キャラクター。ヒューイはミドルクラスの少年で、エディーはリッチなビジネスマンですので、コールの人生の遷移を表しています)

I been so disconnected, my perspective is ignorant
俺はずっと隔離されて来た、俺の考えは無視されて来たし

When you rich, niggas don’t wanna correct you
君がリッチなら、周りのやつは君の間違いを指摘しない
(いわゆる” イエスマン “に囲まれる状況ですね。金持ちは周りに自分を批判してくれる人がいません)

Say something crazy, they won’t interject
クレイジーなことを口走ってみろよ、そいつらきっと聞き流すだろうから

Do every drug that you want, they gon’ let you
やってみたいドラッグを全てやろうとも。そいつら止めないよ

Dangerous when it’s nobody to check you
誰も君のことを止めようとしない時、それは危険さ

I be havin’ to check myself
俺はずっと自分自身で抑止してきた

Nigga, stop holding that money, you know you got plenty
なぁ、そんな大金持ってなくてもいいだろ、君はもっと色々なものを持ってるんだから

I be havin’ to spread my wealth
俺はもっと自分の富を拡げていかないと

I used to be at the crib myself
俺がまだ実家に一人だった時

7 years old, off of Bragg Boulevard
7歳だったな、Bragg大通りの離れに住んでた
(彼はノースカロライナ州出身)

Where they bag up the raw
” あいつら “が法のトラップを仕掛ける場所さ
(警察のことですね)

They gon’ stand on the corner, one hand on they balls
みんなはコーナーに立って、片手はポケットに突っ込んでる
(お金やドラッグ、そして銃をポケットに隠している)

And they ran when the cops come, there go the laws
警察が来たら一斉に逃げるんだ、法が襲ってくる

Then I packed up a bag and I trapped it up north on the path of a star
そのころ俺はバッグを詰め込んで、北に昇ってスターへの道を追い求めてた
(彼は大学進学の際、ニューヨークに渡り、ジェイ・Zのロック・ネーションと契約を果たします)

And I ran into you like I met you before
そこで君に出会ったんだ、まるで以前どこかで会っていたような気がして
(妻であるメリッサ・へホルトさんのことですね)

Now damn, me and you goin’ half on a boy, sing
信じられないよ、今じゃ君と俺の間に息子がいるんだぜ

[Verse 6: J. Cole]
Huggin’ the block, huggin’ the block all day
この地域で、
毎日ここにい続けて

I had nowhere to go, she gave me a place to stay
どこにも行くところがなかったんだ、彼女はそんな俺に居場所をくれた

She gave me her heart to hold, I still got that shit to this day
彼女は俺に抱きしめる心をくれた、今日この日まで持ち続けてるよ

She ridin’ with me on the road, she ridin’ with me in the A
彼女はここまで一緒に歩んでくれたんだ

Huggin’ the block, huggin’ the block, okay
この地域にい続けて、オーケイ

She gave me the gift of my son, and plus we got one on the way
彼女は” 息子 “という贈り物をくれた、しかももう一人お腹にいるみたいなんだ

She gave me a family to love, for that, I can never repay
彼女はこの家族に愛をもたらしてくれる、それはお金じゃ買えないもだろ

I’m crying while writing these words, the tears, they feel good on my face, hey
この文章を描いてたら、涙が出て来たよ、涙も俺の顔で心地よさそうさ、ヘイ

[Refrain: J. Cole]
And yesterday could feel just like a waste, yeah
昨日が無駄になった気分だったろうな、エイ

If I don’t love you how I’m supposed to
もし愛すべき君を愛していなかったら

And yesterday could feel just like a waste, yeah
今日までが無駄になった気分だったろうな、エイ

If I don’t love you how I’m supposed to
もし愛すべき君を愛していなかったら

[Chorus: Johnny Venus]
I make sacrifices, bloody sacrifices
俺は犠牲を産んで来た、血にまみれた犠牲を

【黒人少年射殺】ファーガソン事件にアメリカ国民がどれだけ失望しているのかがわかる10の数字

Click HERE to more songs and new info of Dreamville
ドリームヴィルの他の楽曲の和訳・紹介・最新ニュースはこちらクリック

アーティスト一覧はこちら

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved