by

Slow Jamz (Feat. Twista & Jamie Foxx)

Album : The College Dropout
Track : 12
Year : 2004
Produced by : Kanye West

2004年リリース、Kanye West (カニエ・ウエスト) のデビュー・アルバム『The College Dropout』から、トゥイスタ、ジェイミー・フォックスを迎えた” Slow Jamz “を紹介します! 

カニエにとって初めてビルボードHot 100で一位を獲得したシングル” Slow Jamz – スロー・ジャム”は、そのタイトルとは裏腹に、1秒間に11ワードというトゥイスタの高速ラップが披露された一曲。(この記録はギネス世界記録にも認定されたそう・・・)

リリック中には、70s-90sに活躍した、20(!)人ものR&Bシンガーの名前が登場します。
マーヴィン・ゲイ、ルーサー・ヴァンドロスを始め多くのアーティストを、その時々のセクシーな雰囲気・感情を表すために用いています。カニエは、多くのR&Bソングをサンプリングしていることもあり、彼の70s-90s・R&Bへの愛、リスペクトを非常に感じる作品にもなっております。


[Chorus: Jamie Foxx & Luther]
She said she want some Marvin Gaye, some Luther Vandross
彼女はマーヴィン・ゲイにルーサー・ヴァンドロスが欲しいんだってよ
(70s-80sに大ヒットを納めたシンガーの二人)

A little Anita will definitely set this party off right
リトル・アニタが間違いなく、このパーティを盛り上げてくれるぜ
(” Anita “は、80s-90sに大ヒットしたシンガー、アニタ・ベイカーのこと)

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)
(ルーサー・ヴァンドロス” A House Is Not a Home “から)

She said she want some Ready For The World, some New Edition
彼女はReady For The Worldが欲しいんだってよ、それにNew Editionもさ
(どちらも80sに活躍したR&Bグループ)

Some Minnie Riperton will definitely set this party off right
ミニー・リパートンがこのパーティをきっと盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

 

 

[Interlude: Kanye West]
It definitely will!
間違いないぜ!

You know what I told her?
俺が彼女になんて言ったか知ってるか?

 

 

[Verse 1: Kanye West]
I told her to drive over in yo new whip, bring some friends you cool wit
彼女に言ったんだ「君の新しい車でドライブしようぜ」ってさ、仲の良い友達を何人か連れて

I’mma bring the cool whip, then I want you to strip
俺がイケてる車で迎えに行くよ、そしたら君にはストリップして欲しいね

See you is my new chick, so we get our grind on
君が目にするのは俺の新しい車さ、そしたら俺たちで踊れるだろ
(Notorious B.I.G ” Get Your Grind On “から)

She be grabbin’, callin’ me Biggie like Shyne home
彼女は俺を掴んで、Biggieって呼ぶのさ、まるでShyneみたいにね
(自身の姿をビギーに重ねています。ブルックリン出身のラッパーShyneはビギーにソックリの声だと話題になったラッパー)

Man I swear she fine homes, why she always lyin’ though?
なぁ誓うよ、彼女が喜んでくれてるって、でもなんで彼女はいつも嘘をつくんだ?

Tellin’ me them diamonds, when she know they rhinestones
あのダイアモンドの話をしてくれよ、それがライン・ストーンだって気づいた時にさ
(彼以外の人からもらったアクセサリーの話でしょうか。その宝石(愛)は本物ではなく、装飾用のライン・ストーンであり偽物なんだと)

She got a light-skinned friend look like Michael Jackson
彼女はマイケル・ジャクソンみたいに明るい肌の友達が出来たみたいだ

Got a dark-skinned friend look like Michael Jackson
それにマイケル・ジャクソンみたいに暗い肌の友達もね

I played Ready For The World, she was ready for some action
俺がReady For The Worldをプレイした時、彼女はどこか準備が出来ていたようで

My dog said you ain’t no freak so you ‘bout to prove my man wrong
仲間が君に言ってたよ「君はイケてないから、俺の仲間(カニエ)も失敗だって気づけたみたいだ」ってさ

I’ma play this Vandross, you gon’ take yo pants off
俺がこのVandrossをプレイして、君は下着を降ろす

I’mma play this Gladys Knight, me and you gon’ get right
Gladys Knightをプレイすれば、君と俺は満たされるのさ
(グラディス・ナイトは70s-80sに活躍した女性シンガー)

 

 

[Chorus: Jamie Foxx & Luther]
She said she want some Marvin Gaye, some Luther Vandross
彼女はマーヴィン・ゲイにルーサー・ヴァンドロスが欲しいんだってよ

A little Anita will definitely set this party off right
リトル・アニタが間違いなく、このパーティを盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

She said she want some Ready For The World, some New Edition
彼女はReady For The Worldが欲しいんだってよ、それにNew Editionもさ

Some Minnie Riperton will definitely set this party off right
ミニー・リパートンがこのパーティをきっと盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

 

[Bridge: Jamie Foxx]
Smokey Robinson, Smokey Robinson
スモーキー・ロビンソン、スモーキー・ロビンソン
(ここからシンガーの名前が続きます)

Freddie Jackson, everything, everything (Well well well well)
フレディー・ジャクソン、全て、何もかもさ 

Smokey Robinson, Ashford & Simpson (Are you gonna be)
スモーキー・ロビンソン、アシュフォード&シンプソン (君はどうするんだい)

Set the party, really set the party off right
パーティを始めるんだ、マジでパーティを始めるぜ

Yes it will, yes it will (Well well well well)
さあ始めるんだ、始まるぜ

Al Green, OH! Al Green, OHHHHH YEAH!!!
アル・グリーン、あぁ、アル・グリーン、OHHHH YEAH!

OOOOOOOOOOOOOO!!!

Whatcha know about the Isley Brothers?
アイズレー・ブラザーズもちゃんと知ってるかい?

 

 

[Interlude: Aisha Tyler & Kanye West]
Now Kanye, I know I told you to slow it down
さぁ、カニエ、言ったでしょ「もっとゆっくり」って

It’s good, it’s all good, it’s beautiful
いい感じよ、最高ね、美しいわ

But now I need you to do it faster baby
でもね、今からはもっと速くやって欲しいの、ベイビー

Can you please? Do it faster, baby, do it faster!
できるかしら?もっと速く、ベイビー、もっと速くよ!

Damn, baby; I can’t do it that fast… but I know somebody who can. Twista!
クソ、ベイビー、俺にはそんな速く出来ないよ、でも出来るやつを知ってるぜ、トゥイスタ!

 

 

[Verse 2: Twista]
Got you looking at the glist on my hands and wrist
俺の手に着いた宝石に君は夢中になってる

While I’m layin’ back and smoking on my cannabis
俺が横になって、葉っぱを吸っている間にな

When it come to rockin’ the rhythm like Marvin and Luther
マーヴィンやルーサーみたいにライムをかますとなれば

I can tell you ain’t no messin’ with Kan man and Twist
お前じゃカニエとトウィストには付いてこれねえぜ

In the Chi and I be sippin’ Hennessy, play some R&B
シカゴでヘネシーを飲んで、R&Bを何曲かかけてたら
(ヘネシーはブランデーの一種。お酒です)

While I smoke a b, you can preferably find that I’m a G
2本目の葉っぱを吸ってる時、君は俺がリアルだって気づいて喜んでる

And all this (well well well well)
そしてこの曲が全てだろ

Come wit me and sip on some Evelyn Champagne
こっちに来いよ、イヴリン・” シャンパン “を飲んでさ
(イヴリン・シャンパンは70sの女性シンガー。「R&Bをかける」というラインと” シャンパン “をかけています)

You ain’t know Twista could work it like the Whispers?
お前トゥイスタが、まるでWhispersみたいにかませるって知らないのかよ?
(Whispersは60sのR&Bグループ)

Hit the stop light, move it to some Isleys
赤信号で立ち止まって、アイズレーに変えられるんだぜ

Rims still movin’ so I bump a lil’ Spinners
リムジンはまだ動いてる、そしたら俺はSpinnersをやってやるよ
(The Spinnersはデトロイト出身のR&Bグループ)

While I’m smoking on a b – dippin’ through the streets
俺が葉っぱを吸ってる、ストリートを高速で走り抜けてる時に

Bumpin’ R&B and I got the heat on the 23’s
R&Bを流すんだ、23が注目を集めてるぜ
(” 23 “はスニーカー、エア・ジョーダンを指しています)

And I do it (well well well well)
やってやるんだ

Wit my Earth in the Wind smoking Fire
この地球と共に、風の中で炎を吹かして
(R&BグループのEarth Wind & Fire が浮かびます)

Let me get ya sheets wet listenin’ to Keith Sweat
君のシーツを濡れさせてくれよ、Keith Sweatを聴いてさ
(Keith SweatはNY・ハーレム出身のシンガー)

Put you in a daze wit Maze
Mazeを聴けば、君は恍惚としちまうな
(Mazeは70sのソウル・バンド)

Fulfilling our every temptation
二人の誘惑を全て満たすんだ

Slow jammin’, havin’ deep sex
ゆっくりジャムして、ディープなセックスをする

You ready for the world girl, come on go wit’ me
もうこの世界には慣れたかなガール、俺と一緒に行こうぜ

I touch you all over your body baby don’t say no to me
君の身体の隅々に触れるんだ、ベイビー、俺に「ノー」なんて言わないでくれ

And every moment be controlling me
一つ一つの瞬間が俺をコントロールしてる

I love the way you be holdin’ me when I be listenin’ to Jodeci
Jodeciを聴きながら、君が俺を抱きしめるのが大好きなんだよ
(Jodeciはノース・カロライナ出身90sのR&B・ソウルグループ)

And when I come over and bend ya ass
俺が君を覆って、そのケツを掴めば

You be bumpin’ Teddy Pendergrass
君はTeddy Pendergrassに盛り上がるんだろうな
(Teddy Pendergrassはフィラデルフィア出身のR&Bシンガー)

I done hit it from the back, to the melody and rode it slow
俺はバックから攻めたんだ、メロディに合わせて、ゆっくりライドして

Now I got to go up in it fast, but I’ma finish last
今からはもっと速く行くぜ、けどもうラストを迎えそうだ

No matter how much of a thug you see
どんなサグを君が見ていようと関係ないんだ

I still spit it like it’s R&B, come to the club wit’ me
俺はまだR&Bみたいにスピットしてる、クラブに来て俺と踊ろうよ

And when some Luther come on I hope you feelin’ me
ルーサーがかかれば、カモン、君にもこのフィーリングがわかってくれればいいな
(Luther Vandross)

And still will be in love wit’ me, Chi ride
まだ俺と愛し合うだろ、シカゴの音に乗ってさ

 

 

[Chorus: Jamie Foxx & Luther]
She said she want some Marvin Gaye, some Luther Vandross
彼女はマーヴィン・ゲイにルーサー・ヴァンドロスが欲しいんだってよ

A little Anita will definitely set this party off right
リトル・アニタが間違いなく、このパーティを盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

She said she want some Ready For The World, some New Edition
彼女はReady For The Worldが欲しいんだってよ、それにNew Editionもさ

Some Minnie Riperton will definitely set this party off right
ミニー・リパートンがこのパーティをきっと盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

 

 

[Chorus: Jamie Foxx & Luther]
She said she want some Marvin Gaye, some Luther Vandross
彼女はマーヴィン・ゲイにルーサー・ヴァンドロスが欲しいんだってよ

A little Anita will definitely set this party off right
リトル・アニタが間違いなく、このパーティを盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)

She said she want some Ready For The World, some New Edition
彼女はReady For The Worldが欲しいんだってよ、それにNew Editionもさ

Some Minnie Riperton will definitely set this party off right
ミニー・リパートンがこのパーティをきっと盛り上げてくれるぜ

(Are you gonna be, are you gonna be, are you gonna be
Are you gonna be, are you gonna be, well well well well)
(君はどうするんだ、君はどうするつもりだい、なぁ)


College Dropout (2004)

1. Intro

2. We Don’t Care

3. Graduation Day

4. All Falls Down

5. I’ll Fly Away

6. Spaceship

7. Jesus Walks

8. Never Let Me Down

9. Get Em High

10. Workout Plan

11. The New Workout Plan

12. Slow Jamz

13. Breathe In Breathe Out

14. School Spirit (Skit 1)

15. School Spirit

16. School Spirit (Skit 2)

17. Lil’ Jimmy (Skit)

18. Two Words

19. Through the Wire

20. Family Business

21. Last Call

Click HERE to more songs by Kanye West
カニエ・ウエストの他の楽曲の和訳・紹介はこちらをクリック

アーティスト一覧はこちら