STARGAZING - Travis Scott

Album : ASTROWORLD
Track : 1
Year : 2018
Produced by : Travis Scott, Allen Ritter, Mike Dean, 30 Roc, Bkorn, BWheezy & Sonny Digital

Travis Scott (トラヴィス・スコット)の2018年リリースのアルバム『ASTROWORLD』からオープニングトラック” STARGAZING “の和訳・解説を紹介します!

[Part I]

[Chorus]
Rollin’, rollin’, rollin’, got me stargazin’ (Yeah)
ハイになり過ぎて、星が見えるよ (エイ)
(” rollin “はMDMAなど覚せい剤でハイになっていることを表現する言葉)

Sippin’ on purp, feelin’ like the Barre Baby (It’s lit)
紫を飲み込んで、まるでBarreベイビーみたいな心地さ (イケてるだろ)
(紫 = リーンのこと。” Barre “はリーンを作る際のシロップの名前)

Whatever I downed, it got me goin’ crazy (Yah)
気を失えれば何でもいいんだ、クレイジーになれればさ

Psychedelics got me goin’ crazy (Alright)
幻覚のせいで狂っちまうんだよ 

[Post-Chorus]
I was hot as hell out in the heat (Yeah, yeah)
俺はこの熱狂の中、最高にホットになる

Then a storm came in and saved my life
そこに嵐が来て、俺の命を救ってくれた
(彼の娘の名前は” stormi “、嵐 – stormと似ていますね)

Head up to the sky, down on my knees (Straight up)
頭をあげて、ひざまずく 

Out of nowhere, you came here to save the night
どこからともなく、君は現れて、この夜を救ってくれた

In the nighttime (Woo, yeah)
この真っ暗闇の中を

[Verse 1]
Rollin’, rollin’, rollin’, got me stargazin’ (Roll)
ハイになり過ぎて、星が見えるよ (エイ)

Psychedelics got me goin’ crazy (Oh no)
幻覚のせいで狂っちまうんだよ 

Niggas femalin’, they excellin’ (Yeah)
黒人の女性もさ、みんなすごいよな (エイ)
(2018年はカーディ・Bが最優秀ラップアルバムを獲得、妻であるカイリーは史上最年少の女性ビリオネアになったとされています)

Are they intellin’? (What you tellin’?)
お前らみんなインテリか? (何が言いたいんだ?)

We propellin’, up top with Ellen, uh (With the choppers)
俺たちで突き進むんだ、エレンの場所までな (ヘリコプターに乗って)
(TVショー『ザ・エレン・ショー』のことですね)

Kill the jealous with propane repellent
ウィードでも吸って、嫉妬を殺してしまう

Got me goin’ crazy (It’s lit)
そのせいでクレイジーになっちまうのさ

On tour, we’ll tell ‘em, we brought the section (Gang)
ツアーの最中、俺たちでセクションを作るのさ 
(彼はライブ中観客が怪我をするほど盛り上げることでも有名ですね。モッシュを起こすことを意味しているように思えます)

They keep on callin’ up, it’s getting hectic (Brrt)
みんな声を上げまくって、熱狂はどんどん高まっていく

Like we projected
まさに計画通りって感じさ

So we cut the plug, he’s interjected (Got me goin’ crazy)
だから葉っぱを切り刻むよ、口を挟まれてもさ

[Chorus]
Rollin’, rollin’, rollin’, got me stargazin’ (Yeah)
ハイになり過ぎて、星が見えるよ (エイ)

Sippin’ on purp, feelin’ like the Barre Baby (It’s lit)
紫を飲み込んで、まるでBarreベイビーみたいな心地さ (イケてるだろ)

Whatever I downed, it got me goin’ crazy (Yah)
気を失えれば何でもいいんだ、クレイジーになれればさ

Psychedelics got me goin’ crazy (Alright)
幻覚のせいで狂っちまうんだよ 

[Post-Chorus]
I was hot as hell out in the heat (Yeah, yeah)
俺はこの熱狂の中、最高にホットになる

Then a storm came in and saved my life
そこに嵐が来て、俺の命を救ってくれた

Head up to the sky, down on my knees (Straight up)
頭をあげて、ひざまずく 

Out of nowhere, you came here to save the night
どこからともなく、君は現れて、この夜を救ってくれた

In the nighttime (Woo, yeah)
この真っ暗闇の中を

[Segue]
Got me goin’ crazy
クレイジーにさせるんだ

[Part II]

[Verse 2]
Okay, I been up for some days, I ain’t got time to lay
オーケイ、ここ何日か寝てないんだ、俺に寝る時間はないから

Just to drown out all these thoughts, I tried all kind of things
ただ頭の中の思考に体を任せて、全てをこなしてやろうとしてたから

If I take you to my past you will be traumatized
もし俺の過去を君が味わったら、きっとトラウマになるぜ

Got a thousand kids outside that’s tryna come alive
生きようと必死になってる少年たちが何千人と来てる

’99, took AstroWorld, it had to relocate
99年、アストロワールドは奪われた、どこかに移転しなきゃならなかった
(彼の出身・ヒューストンのテーマパーク、アストロワールドは移転の末2005年に取り壊されてしまいます)

Told the dogs I’d bring it back, it was a seal of faith
仲間たちに「取り戻す」って誓ったんだ、信念で誓った

Before no car notes, baby girl, she played the tourist guide
車のローンをする前に、ベイビーガール、彼女はツアーリストのガイドをやってくれた
(トラヴィスは2018年、家族と共に貸切でカリフォルニアのテーマパーク” Six Flags Magic Mountain “に行っています)

Got the keys into my city, now she know the rides
この街に入るキーを手にしたんだ、彼女は乗り方を心得てる
(トラヴィスはコミュニティへの還元を認められ、ヒューストン市長から” キー “のオブジェクトを贈られています)

Got new money, got new problems, got new enemies
金が手に入れば、問題も、敵だって現れる

When you make it to the top, that’s the amenities
もしお前がトップに立てたなら、それは最高だろうな

Packin’ out Toyota like I’m in the league
トヨタのスタジアムを一杯にする、まるでリーグの選手みたいに
(彼の地元のNBAチームであるヒューストン・ロケッツの本拠地は” Toyota Center “という名前。彼はロケッツをサポートしています。リーグとはNBAのことですね)

And it ain’t a mosh pit if ain’t no injuries
怪我をしたくないなら、モッシュピットなんて辞めたほうがいいぜ

I got ‘em stage divin’ out the nosebleeds
俺はステージから飛び降りて、鼻血を出してる

(Alright, alright, alright)

And she hit that booger sugar ‘til her nose bleed
彼女は鼻が赤く染まるまで、” 砂糖 “を吸い続ける
(” 砂糖 “はコカインの隠語ですね)

(Alright, alright, alright)

Bounce that shit forever, she on both knees
永遠に盛り上がり続けるんだ、彼女は膝まずいて

She was talkin’ ‘bout forever, got a whole week
「永遠」について話すんだ、丸一週間は話してたかな

(Alright, alright, alright)

Plus she know my baby mama is a trophy
しかも彼女はわかってるんだ、俺のベイビーママが素晴らしいトロフィーなんだって
(ベイビーママ = カイリーのことですね)

She be throwing up them B’s, feel like we both bleed
彼女は” B “を生み出してる、二人とも血が滲むようだ
(” B “はおそらく” Billion “、もしくは” Bands – 札束 “で、お金を意味する言葉)

She keep my dick jumpin’ up, feel like I’m Moby
彼女のせいでディックがずっと勃ってるよ、まるでMobyだな
(” Moby “はメルヴィルの小説『白鯨 – モビーディック・白鯨』の主人公の名前から)

I’m way too gold for this beef, feel like I’m Kobe, yeah
こんなビーフには俺は勿体無すぎるだろ、まるでコービーみたいな心地さ
(NBAプレイヤー・コービー・ブライアントのこと。彼の所属していたレイカーズのユニフォームは” ゴールド “と紫色ですね)

This right here is astronomical
ここはもう天文学の世界なんだ

I see you picked up all my ways, I feel responsible
君は俺にずっと追いて来てくれた、責任を感じてるよ

They tryna say that all my problems is improbable
みんな言ってるよ、俺の抱える問題が嘘みたいだって

They keep itching at my spirit, I’m diabolical
みんな俺の魂を掻きむしるんだ、俺はひどい男だよな

Ya feel me?
君はわかってくれるか?

Click HERE to more songs by Travis Scott
トラヴィス・スコットの他の楽曲の和訳・紹介はこちらをクリック

アーティスト一覧はこちら

Recommend

©︎ SUBLYRICS, 2019, All rights reserved