Thornton Street

cordae just until
Artist : Cordae Album : Just Until....
Year : 2021
Produced by : Cardiak & Mario Luciano

[Intro]
Yeah, uh
Ayo
Alright


[Verse 1]
My mom had a nigga at the age of fifteen
俺のママは15の時に子を授かって

Was forced to drop out of school to take care of a king
キングの世話を見るために学校をドロップアウトしなきゃならなかった

She had a desire to sing and I admire these things
彼女には歌手になる野望があってさ。俺も同じような憧れがあるんだけど

At times a nigga feel guilty I retired her dreams
時々、俺は罪悪感に苛まれるんだ。俺が彼女の夢を絶ってしまったんじゃないか。って

Imagine, sky’s the limit, you mind your business
想像してみろよ。「私に限界なんてない、誰の助けもいらないね」なんて気になっていたら

Then you pregnant with a street nigga baby, the odds against us
ストリートの男との間にベイビーを身籠るなんてさ。上手くいかないよな

But never mind, ‘cause your son be livin’ upper echelon
でも気にしないね。だって今やあなたの息子はキングの仲間入り

They be talkin’ ‘bout me, from the barbershops to hair salons
みんな俺の話をしてるんだ。バーバーショップからヘアサロンまで大騒ぎ

Real impact, somethin’ you never could fathom
これが本当の“インパクト”ってやつだ。こうなるなんて思ってもみなかったでしょ

My first album went gold, I think my next one is platinum
俺のファーストアルバムはゴールドへ、きっと次はプラチナムさ

And it’s okay that you ain’t think that I would make it in rappin’
俺がラップで成功するなんて思っていなくても、それでいいんだ

You wanted me to go school so I could make somethin’ happen
あなたは俺に進学を望んだよな、そうすればきっと上手くいくと思って

I understand it, the way shit is goin’, you couldn’t plan it
わかってる、物事は計画通りにはいかないから

But raisin’ two kids on your own, how did you manage?
たった1人で2人のガキを育てるなんて信じられないよ

From apartments to trailers, was livin’ with granny
おばあちゃんと一緒にアパートからトレイラーハウスまで過ごしてきた

Years later, front row, is how we sit at the Grammy’s
そんな家族が数年後、みんなでグラミーの最前列に座るだなんてさ

[Chorus]
They say, we all gotta cry sometimes
みんな言うよ。たまには涙を流したほうがいいんだって

Unfortunate, when our loved ones die, wish I could buy some time
愛する人が亡くなると「時間を買えたらいいのに」なんて思うよ

I be stressin’ so, of course, I get high sometimes
いつもストレスでいっぱいさ。だから、たまにはハイにもなるけど

Mix the Puma with Givenchy to get fly sometimes
PumaとGivenchyがあれば高く飛んでいけるからね

And yeah, we all gotta live someday
俺たちは生き続けないといけない

Woke up plottin’ on my next move, we tryna get rich one day
目覚めて、いつかリッチになるために、次の行動を計画して

Have a house with a wife and some kids one day
いつか妻と子どもたちと共に家を持つんだ

Damn, I got somethin’ to say
クソ、言わせてくれ

[Verse 2]
Ayo, Section 8 with food stamps, refrigerator was packed
セクション8にフードスタンプ。冷蔵庫はパンパン
(セクション8 = 低所得者を保護するための住宅保護プログラム)
(フードスタンプ = 低所得者向けに行われている食料費補助対策)

You hate it when I talk about this, but I’m statin’ the facts
あなたはこの話を嫌がるけど、真実を語るぜ

Before I dropped “Family Matters,” should’ve sent him a text
“Family Matters”をリリースする前、”彼”にメッセージを送るべきだった
(彼は自身の作品”Family Matters”で家族・従兄弟の抱える問題を告白しています)

I guess that shit was only right that the resentment was next
恨まれたって、あの曲は唯一の正解だったはず

My pops taught me a lot, I give that nigga respect
父さんは多くを教えてくれた、彼にリスペクトを送るよ

He went to prison for a while and used to call me collect
彼はしばらく刑務所に入ってた。よく俺に電話をくれてたよ

And yeah, we lived in different states but we would always connect
別の州に住んでたけど、俺たちはいつも繋がってたんだ

When I got robbed at gunpoint, you took the bus up the check
強盗に銃を突きつけられた時も、あなたはバスに乗って駆けつけてくれたよな

Almost lost my favorite aunt because of shit that I said
俺は自分の発言で大好きなおじさんを失いそうになった
(”Family Matters”のリリックにおける告白によって)

Niggas formin’ their opinions based on shit that they read
人は目にしたものから意見を形成する

I be dealin’ with a lot, I take this shit to the head
色々な問題に対処してるんだ。それも全部飲み干してやる

No complainin’, though this shit is ultra drainin’
文句はいらないね。問題は絶え間ないけどさ

My whole life is a canvas, I’m supposed to paint it
俺の人生はキャンバスなんだ、これから塗りつぶしていくところ

You can’t tell? I’m the new Jean-Michel
簡単な話だろ、俺が新たなジャン・ミシェルさ
(芸術家ジャン・ミシェル・バスキアのこと)

My future is a sure thing like the don Miguel
俺の将来は間違いないのさ、まるでミゲルみたいに
(シンガーのミゲルのこと。ミゲルは”Sure Thing”という楽曲をリリースしています)

This ain’t background music, boy, these rhymes are felt
この曲はBGMなんかじゃない、ボーイ、このライムは感じられるんだぜ

[Chorus]
They say, we all gotta cry sometimes
みんな言うよ。たまには涙を流したほうがいいんだって

Unfortunate, when our loved ones die, wish I could buy some time
愛する人が亡くなると「時間を買えたらいいのに」なんて思うよ

I be stressin’ so, of course, I get high sometimes
いつもストレスでいっぱいさ。だから、たまにはハイにもなるけど

Mix the Puma with Givenchy to get fly sometimes
PumaとGivenchyがあれば高く飛んでいけるからね

And yeah, we all gotta live someday
俺たちは生き続けないといけない

Woke up plottin’ on my next move, we tryna get rich one day
目覚めて、いつかリッチになるために、次の行動を計画して

Have a house with a wife and some kids one day
いつか妻と子どもたちと共に家を持つんだ

Damn, I got somethin’ to say
クソ、言わせてくれ

[Outro]
Uh, yeah, you know, uh
This four-pack, man
この4曲入りのEPはさ

It’s just, all songs from the heart, dawg
俺の心からの声そのもの

Just somethin’ to hold y’all over ’til I’m done with the album
アルバムが完成するまでに聴いておいて欲しいんだ

Man, truth be told, uh
なぁ、正直に言うとさ

I’m more of a perfectionist than anything
俺は何より完璧主義者なんだ

But um, next body of work comin’ soon
けどさ、もうすぐ新作がリリースできそうだよ

From A Bird’s Eye View
『From A Bird’s Eye View』さ
(Cordaeがリリースを控えているセカンド・アルバムのこと)

RELATED POSTS

LATEST NEWS

LATEST FEATURE

LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved