When To Say When

when to say when drake

Year : 2020
Produced by : June James

[Intro: Drake]
Yeah, somebody on
エイ、誰かがさ

Somebody hit me today and they were like:
誰かが今日、俺にこう話しかけてきたんだよ

“Nah, just make sure, you know
「おい、一つ教えてくれ、なぁ

You tell me what to do when I get there, you know?”
そこまで辿り着いたら、何をすればいいのか教えてくれよ」って
(ドレイクほどのスターになるという目標を果たした後、何をすればいいのかわからない)

(June, you’re a genius)
(June、あんたは天才だ)

(June Jamesはこの曲のプロデューサー)

I said, I respect you, no problem
俺はこう伝えたよ「君をリスペクトしてる、問題ないよ。

We got all these blessings, just to give it to others anyway
結局俺たちは手にした恵みの全てを、他人にあげるからさ」って
(” God’s Plan “のMVで現金を手渡ししていましたね)

You know what I’m sayin’?
言いたいことわかるかい?

Yeah, my hand’s always open, for real
エイ、俺はいつも手を広げてるぜ、本当にさ

[Verse: Drake]
Ayy, thirty-three years, I gave that to the game
エイ、33年だってさ、その全てをラップ・ゲームに捧げてきた
(33 = ドレイクの年齢)

Thirty-three mill’, I save that for the ring
33ミリオン、リングを買うために取っていくよ

Five hundred weeks, I fill the charts with my pain
500週間だぜ、痛みは伴うが、チャートは俺が支配する
(2017年ドレイクはビルボードのHot100に431週連続でチャート入りしていました。次は500週を狙うという意思表明でしょう)

Five hundred mil and I fall back in the 6ix
500ミリオン、それを6ixに持ち帰る
(6ix は彼の出身地トロントの愛称です。6つの自治区からなる街であることから” 6 “と称されているそう)

Finally give you the niggas the space you need to exist
お前らが欲しがってるスペースをようやく空け渡せるよ
(彼が曲をドロップしないこと間(トロントに帰っている間)は他のラッパーもチャート入りができると)

Michael Jackson ‘ship, but the palace is not for kids
まるでマイケル・ジャクソンの船、けど宮殿は子どものものじゃない
(自身の作品とその売り上げはマイケル・ジャクソン級だと。マイケルは生前ネバーランドという豪邸に子どもたちと暮らしていました)

Still women sayin’ it’s childish the way we live
まだ女性たちは俺たちの生き方が子どもじみてると言うけれど

Brought a few “W’s“ to the 6ix
6ixには” W’s “もほんの少し持って帰るよ
(WはWoman、Weed、Winなどのワードの略だと考えられます)

Baby mama fluke, but I love her for who she is
ベイビー・ママは幸運だな。けど俺は彼女の本当の姿を愛してる
(Pusha Tとのビーフで明らかになった息子のAdonisの母親のこと)

Baby, Wayne and Tez is responsible for this shit
ベイビー、これもWayneやTezのおかげだよ
(ドレイクはLil Wayne、そしてそのマネージャーのTezに発掘され、Young Money レーベルと契約を果たしました)

Half of the time, I question my consciousness in this shit
人生の半分の時間、俺は自分の意識に問い続けてる

Other times I question if compliments are legit
もう半分の時間、自分が受けてきた賞賛が本物かを問い続けてる

Full time I’m out here confident as a bitch
でもいつだって俺は、ビッチみたいに自信を持ってここに立ってる

Tryna make good on the promises that I give
誓ってきた約束を果たそうと努力してる

Tryna make sure my accomplices are legit
仲間たちが本物だって証明するんだ

Register the business in my brother’s name
ブラザーたちの名前でビジネスを立ち上げて

Thirty-five hunnid in the pocket, that should cover things
ポケットには札束を、それで物事を上手く進めるのさ

Certified lover man, trappin’ out the motherland
認められ愛された男、この街(トロント)から金を稼ぐ

Always move right, so my watch is on the other hand
常に正しい(right)道を行く、だから左手(other hand)に時計をつけるのさ

She can try and play it down now, but she was a fan
彼女も今や同じように時計をつけて、そんなのどうでも良いって感じだけど、彼女もただのファンだったんだ

People wanna know what’s in my pockets, they don’t understand
みんなは俺のポケットに何が入っているかを知りたがってる、どうせ理解していないんだ

My assistant always findin’ Percocets and rubber bands
アシスタントはパコセット(鎮痛剤)と札束をいつも探してる

Know my mom might not want to hear how I discover plans
俺がアイデアを生み出す方法を、ママはきっと知りたがらないけど
(ドラッグを用いて曲やビジネスのアイデア(計画)を生み出していたのでしょうか)

Word to Sandra Graham, no one love you like your mother can
Sandra Grahamに言葉を送るよ、あなたのお母さんほど、あなたを愛する人はいない
(Sandra Grahamはドレイクの母親の名前です)

I watch Michael Rubin win a million off a couple hands
Micheal Rubinは数手で大金を稼ぐ
(Micheal Rubinはフィラデルフィア・76ersの共同オーナー。ドレイクと二人でギャンブルをしている様子が目撃されているそう)

I decide what to see next like it’s on demand
「次に何を見るか」は俺が決める、まるでオンデマンド

I decide what to be next like I’m switchin’ plans
「次にどうなるか」も俺が決める、予定を変えるように

I’ma tell you what you feel next like the weatherman
みんなの次の気分も俺が教えるつもりさ、まるで天気予報士みたいに

I will split heads and break necks for my little man
俺はこれからも頭を使う、そして努力し続けるよ、子どものためにね

Six God, praying hands like I’m a religious man
シックス・ゴッド、信仰深い男のように手を合わせる
(トロントの神、つまり自身を指しています)

But I’m just a sicker man (Six, six, six), wicked man, look
けど俺はただの心を病んだ男、最悪な男だよ、見てな

We can argue back and forth about who the richer man
俺たちはあちらこちらで「誰が一番リッチか」なんて言い争える立場さ

Isn’t that what matters in this world that we livin’ in?
でも、この世界で生きていく中で、それってそんなに重要か?

Payin’ those dividends, snakes stay slitherin’
儲けた金を配れろうとすれば、蛇たちはそこらを這い続ける
(彼の金を狙う蛇たちのことですね)

How you plan to make it to the top by just fittin’ it
周りに合わせるだけで、頂点に立てると思うのかい?

How you plan to take a nigga’s spot by just givin’ in
周りに従うだけで、成り上がれると思うのかい?

How you gon’ treat this shit like you gon’ get to live again?
人生をやり直せると思いながら、お前はこの生活を送るつもりか?

How you gettin’ hype off one hit? Do that shit again
一度のヒットで人気になれると思うのかい?もう一度やってみてくれ

How you got a manager you met after you got the win?
成功を手にした後にマネージャーを雇えると思うのかい?

Bet you got some niggas that’ll love you to the bitter end
すぐに態度を変えるやつらときっと出会うことになるぜ

Bet you got somebody that’s just smarter than your other friends
きっと友人たちより、利口な人たちに出会うんだろうね

Give ‘em a percentage, see what happens to your blessings then
彼らに売り上げを与えたら、君の報酬がどうなるか考えてみろよ

You just need to stay close to your people
だから、ただ仲間たちと身近であり続けるのさ

That was there when others could’ve been
他の奴らがいたかもしれない時にも

Then when others should’ve been
他の奴らがいるべきだった時にも、一緒にいるんだ

Got a nigga starin’ at the game like, “Damn coach, put him in”
(ラップ・)ゲームをこんな風に見てる奴がいた「クソ、コーチ、彼を投入しろ」って

But you never listen, so you niggas gon’ would again
けど君は耳を貸さない、だからお前らはまた

Got us in the crib, talkin’ ‘bout what niggas coulda been, shoulda been
俺たちを家に招いて、「〜だったのかも」「どうあるべきだった」なんて自分たちの過去を語ってる

And I got your girl on the second floor, beggin’ me to put it in
お前の彼女が2階にいるけど、俺とヤりたくてしょうがないみたいだ

And it’s not because all of the money that you woulda spend
それはお前の持つ金だけが理由じゃない

And it’s not because I set it up to try and get revenge
それは俺が立ち直して、仕返しをしたからじゃない

It’s because you niggas insecure, you ain’t made men
その理由は、お前らが不安がっていて、男らしくないからだよ

It’s because, even though you hate on me, we stay friends
その理由は、お前は俺をヘイトしてるのに、友達のように振る舞うからだよ

It’s because you niggas never learn when to say when, yeah
その理由は、お前らが引き際を覚えないからだよ。そうだろ

RELATED POSTS

LATEST NEWS

LYRICS

©︎ SUBLYRICS, 2020, All rights reserved